絵日記・京の散歩

亀山に登る。「保津峡」2021 初秋(京都)

亀山に登り

展望台で景色を眺める。

この展望台は

標高が約100m

運動には丁度良い。

800dsc05378

眼下には

愛宕山麓を蛇行する

渓谷「保津峡」を

「保津川(桂川)」が流れ下る。

800dsc05389

対岸崖上の

「大悲閣千光寺」には

若い女性が一人景色を眺めていた。

何を思うのだろうか。

「大悲閣千光寺」
(だいひかくせんこうじ)
 山号:嵐山
 院号:大悲閣
 宗派:黄檗宗(単立)
 本尊:千手観音菩薩
 創建:不詳
 中興:慶長十九年(1614)
 開基:不詳
 中興:角倉了以(すみのくら りょうい)
 開山:道空了椿(二尊院)

800dsc05383

対岸の

ホテル「星のや」へ向かう

送迎船のエンジン音が

小さく聞こえた。

800dsc05308

チェックアウトした

10名程がが川を下る。

船内はほぼ満席なのだろうか。

800dsc05337

眼下を

船遊び用の屋形船が

ホテルへ向かっていた。

人気ホテルは

宿泊者が多いと感じた。

800dsc05342_20210911104601

山の木々は

ほんのり色付く。

虫達の奏と

吹き抜ける風が心地良かった。

800dsc05392

さて。

緊急事態宣言で

出歩く回数が減った。

解除までは

この状況が続きそうだ。

800dsc05351

     

 Photo : RX100Ⅵ

|

新涼を散歩する。「翡翠」2021 初秋(京都)

嵯峨野を一巡りし

小倉池で景色を眺める。

人影の無い小倉池を

初秋の風が吹き抜ける。

ひんやり心地良い。

800dsc05240

蓮の花は

咲き終わり

蜂の巣状の果托 から

蓮の実が池に落ち始めていた。

800dsc05232

池を眺めていると

小鳥の涼しげな鳴き声が聞こえた。

彼等の狩り場を覗くと

「カワセミ」の姿があった。

800dsc05289

台風被害や

池の改修工事で

長く姿を消していたが

三年ぶりに戻ってきたようだ。

美しく可愛い小鳥だ。

翡翠(ひすい)のような羽色から

飛ぶ宝石ともいわれるのも頷ける姿だ。

800dsc05281

水面に

浮かぶ蓮の葉と

散った花弁に秋の訪れを感じた。

800dsc05226_20210904090201

さて。

疫病感染者が

一向に減らないが

感染者推移グラフをを眺めると

前回の

第4波は収束まで約3ヶ月。

今回の

第5波は7月初めから始まり

9月末には収束のようにも見える。

20210905

科学的根拠の無い老人の妄言だが。

平安時代に大流行した

貞観の疫病(インフルエンザ)は

3年と長きに渡って続いた。

 ※貞観五年(864)~貞観七年(865)

大正時代に

世界的に大流行したスペイン風邪は

 ※1918年2月~1920年4月

最近の新聞情報では足かけ4年とされている。

今回のパンデミックでは

対応策(ワクチン接種等)が進むほど

次々と変異株が発生し感染は収まらない。

まるでウイルスの

種の存続に必要な活動期間は

約3年とプログラミングされているかのようだ。

日本では東京で

2020年1月23日に

最初の感染者が診断され一年半を過ぎたが

まだまだ先が見えない状態だ。

パンデミック期間を

約3年と推測すると

あと1年半この状況が続くことになる。

ウイルスからの解放は

令和4年のクリスマスまで

待たねばならないような気がする。

800dsc05190

     

 Photo : RX100Ⅵ

|

新涼を散歩する。「雑感」2021 初秋(京都)

人影の無い

竹林はまだ薄暗く

吹き抜ける風は肌寒い。

虫の奏に

秋の訪れを感じた。

800dsc05194

竹林から

「ウグイス」が消え。

森では

「オオルリ」が

澄んだ美しい声で鳴く。

800dsc05192

葉先が

ほんのり色づいた木々から

「ツクツクボウシ」が

最後の力を振り絞るように鳴いていた。

800dsc05187

お花畑の

「禊萩」は

最後の花を咲かせている。

秋は物悲しさを感じさせるが

晴れやかな紅葉の季節でもある。

自然は不思議なものだ。

800dsc05184

        

 Photo : RX100Ⅵ

|

嵯峨野を散歩する。「夏の終り」2021 晩夏(京都)

今日の散歩。

嵯峨野の

何時ものコースを散歩した。

「長辻通」を上り

「清凉寺」(嵯峨釈迦堂)に向かう。

800dsc05077_20210827104201

「清凉寺」(せいりょうじ)

 別称:嵯峨釈迦堂
 山号:五台山(ごだいさん)
 宗派:浄土宗
 本尊:釈迦如来
 創建:寛和三年(987)
 開基:奝然(ちょうねん)
 開山:盛算(じょうさん)

800dsc05080_20210827104201

「本堂」に

蝋燭と線香を供え

季節のお参りをする。

一ヶ月ぶりの参拝だ。

800dsc05085

何時もは

「一切経蔵(輪蔵)」から

お経が流れているが

何故かお経が聞こえなかった。

「一切経蔵(輪蔵)」は

中国・宋に渡った「奝然上人」が

持ち帰った「一切経」が納められている。

御堂前には

「笑い仏」とも呼ばれる

「傅大士(ぶだいし)」座像

両脇に「傅大士」の子

「普建(ふけん)」「普成(ふじゃく)」の立像。

800dsc05089

「笑い仏」の奥の

彩色された「法輪」には

「一切経」五千四百八巻が納められている。

「一切経」を搭載した「法輪」を押して

一回転させれば「一切経」を読んだのと

同じ功徳が得られるといわれている。

800dsc05092

境内では

静かになった「クマゼミ」や

「アブラゼミ」がリズムを刻み。

夏の終わりを告げる

「ツクツクボウシ」が

メロディーを奏でる。

800dsc05102

それに合わせるかのように

「赤とんぼ」の群れが

飛び交っていた。

800dsc05103

「清凉寺」から

「愛宕街道」を上る。

沿道の生垣が

ほんのり色付き始めていた。

800dsc05105

「二尊院」の

自販機で水分補給する。

オロナミンCドリンク 110円

緑茶(伊右衛門) 130円也

800dsc05107

顔馴染みの

高齢者と世間話するが

老人同士の話は長い。

800dsc05109

往来する

嵯峨野巡りの

観光客は無く

「二尊院」にも人影は無かった。

800dsc05112

参道は

まだまだ

「モミジの深緑」に覆われている。

800dsc05116

「二尊院」(にそんいん)
 正式名
 山号:小倉山(おぐらやま)
 院号:二尊教院(にそんきょういん)
 寺号:華台寺(けだいじ)
 宗派:天台宗(明治以降)
 本尊:釈迦如来
     阿弥陀如来   
 創建:承和年間(834~848)
 開基:嵯峨天皇
 開山:慈覚大師(じかくだいし)

800dsc05114

「二尊院」から

「落柿舎」に下る。

緑に埋もれた「落柿舎」を

「百日紅」の大木が彩りを添える。

800dsc05134

「落柿舎」(らくししゃ)
 築邸:貞享二~三年(1685~1686)
 再建:明和七年(1770)
 庵主:向井去来(俳人)
     向井去来の別荘(俳句道場)
     「松尾芭蕉」は元禄四年長く
     滞在し『嵯峨日記』を著した。
     入口に下がる笠と蓑(みの)は
     去来の在庵を表わす。

800dsc05123

「落柿舎」から

「常寂光寺」へ向かう。

「常寂光寺」も

まだまだ

「モミジの深緑」が覆う。

800dsc05140

「常寂光寺」(じょうじゃっこうじ)
 山号:小倉山(おぐらやま)
 宗派:日蓮宗
 本尊:十界大曼荼羅
 創建:慶長年間(1596〜1614)
 開基:延壽院(えんじゅいん)
 開山:日禛上人(にっしんしょうにん)

800dsc05141

駐車場の

「夏もみじ」は

色付きが進む。

800dsc05145

「常寂光寺」から

モミジの小径を通り抜け

「小倉池」へ向かう。

800dsc05153

暫く姿を消していた

森の妖精が

切り株の椅子で振り返る。

800dsc05148

蓮の葉で覆われた

「小倉池」は

小鳥の数が少なくなった。

800dsc05182

「ウグイス」の鳴き声も

「ホーホケキョ」から

「チッチ」に変わり始めた。

小鳥たちも

山へ帰る準備に入ったのだろう。

800dsc05173

蓮の花も

散った花が多い。

蜂の巣状の花托が

目立って多くなり

夏の終わりを感じた。

800dsc05170

暑い夏は

たくさんの思い出ができる季節だが

夏の終わりは

必ずやってくる。

800dsc05118

         

 Photo : RX100Ⅵ

|

竹林を散歩する。「晴れ間」2021 晩夏(京都)

今日の散歩。

雨雲が切れ

晴れ間がのぞき始めた。

亀山に登り

嵯峨野の「竹林」を下る。

800dsc05021

連日の雨で

山の湿度は高く

陽射しで蒸し暑くなった。

800dsc05024

「竹林」も

湿度は高いが

自然の冷房効果で

吹く風は涼しい。

800dsc04847

緊急事態宣言中だが

観光客はやや多い。

残り少ない夏休みを

楽しんでいるのだろう。

800dsc05032_20210821175401

この辺りは

平安時代には

貴族の別荘地だったそうだ。

貴族達の夏の避暑地だったのだろう。

800dsc05051

竹林内には

遺構らしき

石垣が残されている。

800dsc05041_20210822140601

「柴垣」が

木漏れ陽に浮かび

風に吹かれ

サヤサヤと

竹の奏が心地良い。

800dsc05057

「ウグイス」の鳴き声が

「ホーホケキョ」から

「チッチ」に変わり始めた。

そろそろ

山へ帰る準備だろうか。

夏の終わりを感じた。

800dsc05055

さて。

そろそろ長雨が終わり

残暑が訪れそうな気配だ。

夏の景色は

しばらく続く。

550dsc05063

         

 Photo : Photo : RX100Ⅵ

|

渡月橋畔を散歩する。「長雨」2021 晩夏(京都)

今日の散歩。

雨の合間

渡月橋畔へでかけた。

「瀬戸川」の

「嵐電」の踏切を

チンチン電車が通り過ぎる。

800dsc04754

途中

「安倍晴明公墓所」に参拝。

「大堰川(桂川)」へ下る。

800dsc04940

河畔の

「市営駐車場」は

緊急事態宣言で閉鎖されていた。

800dsc04943

雨は

小康状態になったが

「渡月橋」を流れる

「大堰川(桂川)」は

まだ水量は多かった。

800dsc04955

夏休みだが

天気が悪く

観光客は少ない。

800dsc04962

長雨で

家に引き籠もり

小腹が空いたとき

近所のパン屋さんへの

買い出しが唯一の運動だった。。

800dsc04964

青空が

見え始めたので

出かけてきたが

まだまだ雨雲が空を覆う。

800dsc04989

嵐山の山々の

深緑は美しいはずだが

曇り空では緑が映えない。

800dsc04978

河畔の

洪水防止用の

「止水壁」が揚げられ

景色が遮られていた。

800dsc04980

この辺りでは

「大堰川(桂川)」が氾濫し

浸水被害が多いことから

この「止水壁」がこの春完成した。

延長約260mで

平時は地中に格納し

出水時には高さ約1~2mの

アルミ板が上昇する可動式で越水を防ぐ。

水害対策と景観維持を両立した構造だ。

800dsc04981

川の名が

「大堰川」から

「木津川」に変わる辺りまで遡る。

800dsc04995

対岸の

平安の和歌にも詠まれた

「戸無瀬の滝」にも

蕩々と水が流れ落ちていた。

500dsc05001

河畔の茶屋は

大雨による増水と

緊急事態宣言のため

閉店されていた。

800dsc05005

店頭の自販機で

お茶を購入し

河畔のベンチで

しばし景色を眺めた。

800dsc05011

さて。

お盆から長雨が続く。

蝉時雨も

「クマゼミ」や

「アブラゼミ」が静かになり

「ツクツクボウシ」が鳴き始めた。

秋は早いかも知れない。

800dsc04993

         

 Photo : Photo : RX100Ⅵ

|

知恩院に参拝する。「盆会」2021 晩夏(京都)

今日の散歩。

お盆前の参拝で

知恩院にでかけた。

800dsc04885

「黒門坂」の

長い石段を

息を切らせ上り

「北門」をくぐる。

800dsc04887_20210812171901

「知恩院」(ちおんいん)

 山  号:華頂山
     (かちょうざん)
 正式名 :知恩教院大谷寺
     (ちおんきょういん おおたにでら)
 宗  派:浄土宗(総本山)
 本  尊:阿弥陀如来
 創  建:承安五年(1175)
 開  基:法然上人
     (ほうねんしょうにん)

800dsc04911

「御影堂」内は

回向の順番待ちの人達で

足の踏み場もないほどだった。

盆期間中は

もっと混雑するだろう。

800dsc04904

「御影堂」のあとは

緑に埋もれた「納骨堂」に

線香を供えお参りを終えた。

800dsc04900

池の

「蓮の花」が

幻想的だった。

800dsc04897

境内は

参拝者や観光客で

久し振りに賑わっている。

800dsc04916_20210812180101

参拝を終え

「三門」へ下る。

800dsc04925

「三門」をくぐる

観光客も多く

日常が戻ったように感じた。

800dsc04930

終戦の日も間近。

戦友『ここはお國を何百里』歌碑に

一礼し白川へ下る。

800dsc04882_20210812172201

「白川」のベンチで

しばし景色を眺める。

頭上の蝉が

ジージーと鳴き

チッチッと鳴きおさめる。

お盆が過ぎれば

コオロギが鳴き始めるだろう。

800dsc04933

    

 Photo : RX100Ⅵ

|

蹴上を散歩する。「蝉時雨」2021 晩夏(京都)

今日の散歩。

蹴上の

「疎水公園」を散歩した。

気温高く

観光客は少なかった。

800dsc04630

草木が伸び

インクラインは

夏草に埋もれていた。

800dsc04651

夏草の中

夏休みの

子供達が遊ぶ。

800dsc04654

公園内の樹木が

心地よい木陰をつくりだし

「蝉時雨」が滝のように響き渡る。

800dsc04640_20210808151601

数が少なくなった

「クマゼミ」が

”シャアシャア”と鳴き。

800dsc04445

増え始めた

「アブラゼミ」が

”ジージー”と鳴く。

800dsc04452

少年の頃。

八月お盆が過ぎると

遊び場に集まる仲間が

一人減り二人減り

日毎に少なくなった。

夏休みが終わる頃には

「ヒグラシ」の鳴く中

一人寂しく帰宅したのを覚えている。

800dsc04505

頭上の

「羽化」に失敗した

幼虫が哀れに感じた。

もう少し頑張れば

仲間と楽しく過ごせただろうに。

800dsc04432_20210808151801

蝉時雨と

夏の景色

遠い記憶が蘇る。

800dsc04653

 

 Photo : RX100Ⅵ

|

南禅寺畔を散歩する。「夏景色」2021 晩夏(京都)

今日の散歩。

南禅寺畔へでかけた。

気温高く

出入りする

参拝者は少なかった。

800dsc04698

「南禅寺」(なんぜんじ)

 山  号:瑞龍山(ずいりゅうさん)
 正式名:太平興国南禅禅寺
   (たいへいこうこくなんぜんぜんじ)
 宗  派:臨済宗
      南禅寺派大本山
 本  尊:釈迦如来
 創  建:正応四年(1291)
 開  基:亀山上皇
 開  山:無関普門(むかんふもん)

800dsc04703

「三門」の

額縁に描かれた

緑の景色が美しい。

800dsc04709

「藤堂高虎」により

「三門」が再建されてから

三百九十三回目の深緑の景色だ。

800dsc04719_20210806164001

「法堂」に至る

「青もみじ」の参道には

真夏の香りが漂っていた。

800dsc04715

緑の参道を進み

線香を供え

「法堂」に参拝する。

800dsc04726_20210806164101

炎天に

夏雲が浮かぶ

真夏の景色だ。

800dsc04735

もう何十回と

この景色を

眺めたことだろうか。

800dsc04729

「水路閣」の

「朽ちた煉瓦」の

佇まいも美しい。

800dsc04746

先人の建造した

「煉瓦造14連アーチ橋」にも

真夏の季節がやってきたと思った。

800dsc04683

広い境内を

東西南北徘徊する。

樹に鳴く

蝉時雨の中

谷から流れ落ちる

水の音に風情を感じた。

800dsc04689

さて。

境内の墓地には

墓掃除の人々を見かけた。

来週はお盆

時の流れは速い。

800dsc04737

 

 Photo : RX100Ⅵ

|

東寺に参拝する。「夏景色」2021 晩夏(京都)

今日の散歩。

東寺に

参拝にでかけた。

九条通りから

「南大門」を入る。

800dsc04628

「東寺(教王護国寺)」

山  号:八幡山
     (はちまんさん)
正式名 :
金光明四天王寺 秘密伝法院 教王護国寺
(こんこうみょうしてんのうじ
   ひみつでんぽういん きょうおうごこくじ)
宗  派:東寺真言宗
     総本山
本  尊:薬師如来
創  建:延暦十五年(796)
開  基:桓武天皇

800dsc04541

先ずは

「金堂」の

本尊「薬師如来」に礼拝する。

800dsc04618_20210731161801

境内では

8月6日から行われる

『東寺 光の祭』の

準備が進められていた。

800dsc04556

創建千二百年の

歴史と荘厳な風景に

現代の光アートが織りなす

幻想的な真夏のイベントだ。

照明設備や

電気配線に戸惑いながら

「御影堂」へ向かう。

800dsc04603

母の実家の

伊豆地方では

31日から3日が

「晦日盆」と呼ばれるお盆だ。

今年も墓参りを取り止めたが

菩提寺は「真言宗」

「東寺」参拝で代えることとした。

800dsc04589_20210731164201

「御影堂」に上がり

『南無大師遍照金剛』を唱え

「晦日盆」の墓参とした。

800dsc04594

境内は

蝉時雨降り注ぎ

夏もみじ色づく

真夏の景色だ。

800dsc04585

「宝蔵池」は

「蓮」で覆われ

真夏の香りが漂っていた。

800dsc04564_20210731162101

さて。

早くも晩夏。

高温の日々で

気力が低迷する。

800dsc04566

    

 Photo : RX100Ⅵ

|

より以前の記事一覧