絵日記・故郷編

沼津へ出かけた。2017 仲春

月曜からもう五月だ。

「時」の流れは無情に速い。

「時」は人を待ってはくれない。

などなど無駄なことを考えたりする。

さて。

連休前に墓参りを済ませておこうと

晩春の沼津へ出かけた。

朝はまだ気温が低く

早朝の新幹線ホームは肌寒かった。

三島で降車。

在来線に乗換え

沼津駅を出ると

日射しはあるが雲が多く

南の風が強かった。

途中の「浅間神社」に参拝し

「乗運寺」に到着。

800p1020594_2

「乗運寺」境内は

鮮やかな緑で覆われていた

800p1020597

清々しい緑の景色だった。

800p1020599

本堂に御参りしていると

甘い香りが漂ってきた。

800p1020608

墓地へ廻ると

「躑躅」や「サツキ」が咲き始め

甘い香りを放っている。

800p1020618_2

連休の終わり頃には

満開になるだろう。

800p1020615

当家の墓には

小さな草が芽吹き始め

「香の花」の落葉も散乱していた。

800p1020625

30分ほど墓掃除をし

墓参りを済ませた。

輻射熱が強く暑かった。

800p1020628

墓参りの後は

千本浜へ向かった。

千本浜公園の

「私のベンチ」でひと休み。

まだ遅く咲いた桜の

花びらが舞っていた。

800p1020629

千本浜は。

朝霞が消えはじめ

水平線が姿を現していた。

800p1020636

防潮堤の

何時もの場所で

しばらく海を眺めた。

吹く風に

夏の気配を感じた。

800p1020643

五月の連休が過ぎれば

また汗ばむ季節がやって来る。

健康維持のため始めた

休日3時間の散策だが

今年の夏は

どうしようかと弱気になった。

800p1020647

帰りは

少し寄り道をし

昼過ぎの新幹線で帰途に就く。

800p1020650

           桃中軒の「沼津 香まだい寿司弁当」 と 「ぬまっちゃ」

 

 Photo : Lumix TX1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千本浜公園の桜。2017(沼津)

4月4日。

今年はまだ満開には早いが

「千本浜公園」の桜を見にでかけた。

新幹線ホームでは

リクルートスーツ姿の

新入社員らしき若者が多かった。

三島で降車。

在来線に乗換え

沼津駅を出ると

春の日射しが暖かかった。

公園へ行く途中の浅間神社では

本殿脇の苔生した染井吉野の古木は

まだ3分咲き程だった。

公園へ行く前に。

先ずは

ご先祖と父母へご挨拶。

800p1000560
「乗運寺」境内の

「木瓜」の花は既に終盤で

墓地内の若い桜はまだチラホラだった。

墓参り済ませ

公園へ向かった。

800p1000569

蛇松緑道の桜はまだ一分咲き。

シルバーセンターの桜は四分咲き。

この桜は花数が多いので

満開時には見事な姿が見られるのだが

少し残念だった。

800p1000768

あと三日四日で満開だろう。

800p1000572

「千本浜公園」の桜は

四~七分咲きだった。

800p1000756

見上げれば

小鳥が盛んに花をついばんでいた。

800p1000757

松林の中の桜は日本画のようで

私は好きだ。

800p1000590

ここも

あと二日三日で満開だろう。

800p1000645

800p1000707
満開を過ぎ

花吹雪が舞うと

散策道がピンク色に染まる光景も美しい。

800p1000651

しばし

松林の中の桜を堪能

千本浜へ向かった。

800p1000752
千本浜では

何時もの場所で

しばらく海を眺めた。

穏やかな千本浜には

静かな時間が流れていた。

800p1000665

来週は

「浜の観音さん」の春祭りだ。

時間があれば

来たいと思った。

800p1000770

浜をあとに

少し所用をこなし

夕刻の新幹線で帰途につく。

 

Photo : Lumix TX1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春彼岸。沼津へでかけた。2017

彼岸の墓参りに出かけた。

新幹線に乗り込むときは寒かったが

三島で降車。

在来線に乗換え

沼津駅を出ると暖かかった。

菩提寺へ向かう途中の

「浅間神社」の「大寒桜」は

すでに満開だった。

800p3170007

まだ花は

散り始めてはいなかったが

葉が少し出始めていた。

800p3170009

昨年より

少し遅いようだ。

800p3170013

「乗運寺」に到着し

山門を入ると

墓参りに来た

幼い子供達の

賑やかな声が聞こえてきた。

800p3170020
境内の紅白の「木瓜」は

まだ蕾の状態だ。

例年より

一週間は遅れている。

800p3170025

墓地へ入ると

墓参りの人達で賑わい

子供達の声に心が和んだ。

ご先祖の功績に感謝し

墓参りを終えた。

800p3170054

墓参りの後は

千本浜へ向かった。

途中の千本浜公園では

何時ものベンチで一休み。

800p3170053

松林の中の桜は

まだ蕾は堅かった。

例年なら彼岸には

ちらほらと咲き始めるのだが

桜の開花も一週間は遅れている。

800p3170029

千本浜は。

陽に照らされ

海面がキラキラ輝いていた。

この海が

生後間もない私が

母に抱かれ初めて見た海だ。

・・・・・・。

昔と変わらぬ景色の中で

緩やかな風が吹いていた。

800p3170052

空には

花雲が

沸いていた。

風はまだ春の風だが

何となく

初夏の気配を感じた。

800p3170046

帰りは

少し寄り道をして

夕刻の新幹線で帰路に就く。


 Photo : STYLUS1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「松月院」の大寒桜。2017

「大寒桜」を観に行った。

伊東駅から北西へ

15分程登った山腹に

「桜寺」とも呼ばれる「松月院」がある。

800p3100218

「松月院」は松と月の院。

手入れの行き届いた松と

名月鑑賞ができるお寺ということだ。

800p3100184

本堂に参拝し

振り返ると

「松」と「大寒桜」越しに

相模湾が広がる絶景ポイントだ。

800p3100182

境内には

多種の桜が植えられ

2月から花見が楽しめる。

特に赤い橋の

「大寒桜」は姿が良い。

800p3100187

もうじき

満開だろう。

800p3100190

800p3100196

松の「緑」の中に

桜の「ピンク」が映えていた。

美しかった。

800p3100216

「大寒桜」が終われば

次は「染井吉野」が咲き始める。

800p3100169

やっと

暖かい春が来たと思った。

 

 Photo : STYLUS1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅春。伊東へ出かけた.2017

伊東へ出かけた。

三福(伊豆の国市)の帰路

伊東の「妙隆寺」へ寄った。

三福の最寄り駅「田京」(伊豆箱根鉄道)から

「三島駅」ー(東海道線)-「熱海駅」を経由し

伊東線で「伊東」まで来ると

1時間半ほど掛かるが

車で亀石峠を越えると

30分程で到着する。

「三福」と「伊東」は

ちょうど山の反対側だ。

「妙隆寺」は

伯母の眠る

菩提寺だ。

800p3100065

半年ぶりの墓参りを済ますと

何か胸の痞えが取れたような

心地良い気持ちになった。

故郷「沼津」と

生まれた町「三福」と

伯母の眠る「伊東」は

私にとっては「聖地」だが

「沼津」は度々来られるが

「三福」と「伊東」には

年に一~二度しか

来られない。

今年から

もう少し来られるようにしたいと思った。

800p3100067

墓参りの後は

近くの伊東港へ寄った。

800p3100072

天気が良いので

途中で買ってきた弁当を

「なぎさ公園」で食べた。

800p3100154
青空の下で食べると

コンビニ弁当でも美味しかった。

800p3100147

遠くの「初島」が

浮かんで見えた。

800p3100098

風は暖かく

日射しも眩しい。

伊豆はもう春だ。

「大寒桜」も

そろそろ見頃だろう。

800p3100165

この後

「松月院」に寄り

夕刻の新幹線で

帰ることにした。

 

 Photo : STYLUS1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅春。三福へ出かけた。2017

三福(伊豆の国市)へ出かけた。

しばらく顔を見ていない

老叔母の様子を見ようと

早朝の新幹線に乗り込んだ。

三島で降車。

駿豆線(伊豆箱根鉄道)に乗換え

田京駅を出ると風はやや強いが

晴天で日射しが眩しかった。

伯母の住む「大家」へ行く前に

先に墓参りを済まそうと

「澄楽寺」へ向かった。

 ※分家や私の母のように嫁いで家を出たものは

   本家のことを「大家」(おおや)と呼んだ。

本堂前の紅梅と白梅の

見頃は過ぎていた。

既にこの地方は

桜の季節だ。

800p3090049

墓地へ入ると

周りの様子が

変わっているのに気付いた。

墓地に隣接した

「東洋」(旭化成)の

工場施設が取り壊され

「城山」が見えるようになっていた。

私の子供の頃から

工場施設や楠の大木があったので

墓地からは「城山」は見えなかった。

60年有余年振りに

城山が姿を現したことになる。

祖父母も驚いているかも知れないと思った。

800p3090051

墓参りの後は

隣の「熊野神社」へ参拝し

「大家」へ向かった。

800p3090053

「城山」を眺めながら

坂道を下り

「大家」へ行くと

伯母は温泉施設へ

リハビリに出かけたと言う。

残念だが

元気そうなので一安心。

800p3090062

従兄弟も留守なので

お茶を一服頂き

帰ることにしたが

折角来たので

伊東の伯母の

墓参りをしようと

亀石峠経由で

伊東へ向かった。

 Photo : STYLUS1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

浅春。沼津へ出かけた。2017

沼津へでかけた。

そろそろ沼津は

暖かくなっただろうと

薄手のコートで自宅を出てきたが

早朝の新幹線ホームは寒かった。

三島で降車。

在来線に乗換え

沼津駅を出ると

空はまだ雲に覆われていたが

吹く風は暖かかった。

日射しが出ればコートはいらないだろう。

途中の「沼津浅間神社」に参拝し

「乗運寺」に到着。

ふと見ると山門の「門提灯」が外されていた。

そろそろ取替の時期なのだろう。

800p2240001

本堂前の白梅は

既に見頃は過ぎてしまったが

境内にはまだ見頃の梅があった。

800p2240005

本堂前の「水仙」も見頃だが

この時期は白い花が多い。

「若山家」(牧水)墓地裏の紅梅が

赤い彩りを添えていた。

もうじき紅白の

「木瓜」の花が咲き始めるだろう。

墓地内は

庭木の手入れ中で

増えた樹木の株分け作業中だった。

このひと月の無病息災の感謝を込めて

今月のご挨拶(墓参)を済ませた。

800p2240009

墓参りの後は

千本浜へ向かった。

千本浜公園の

「私のベンチ」でひと休みした。

800p2240029

公園内にある

「明石海人歌碑」の

「紅い桜」の蕾が大きく膨らんでいた。

  「紅い桜」=寒緋桜(かんひざくら)

800p2240012

そろそろ開花しそうだ。

800p2240043

春を感じる

暖かい色だ。

800p2240047

千本浜は。

低い雲で

富士山は

見えなかったが

風も暖かく

穏やかな

千本浜だった。

800p2240026

今年は

寒い日が

多かったが

やっと暖かい春が

近づいてきたと思った。

800p2240050

帰りは

少し寄り道をして

昼過ぎの新幹線で帰途に就く。

800p2240052

           桃中軒の「幕の内弁当」 と 「ぬまっちゃ」

 Photo : STYLUS1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

確定申告書を作成した。(2017)

今朝も薄らと積雪。

今年は雪の日が多い。

寒がりの私には辛い冬だ。

さて。

沼津の姉が送ってくれたという

「寿太郎みかん」がまだ届かない。

宅配便が遅れているか

姉が配達日時を

間違えたのかもしれない。

800jyutarou2017

いずれにしても

外は寒いので

宅配便を待ちながら

少し早いが

確定申告書を作成した。

2017kakutei1800

私は例年

国税庁のHPで

確定申告書を作成している。

昨年(27年度)のデータを保存しているので

それを読み込み28年度の申告額に修正し

プリントアウトした。

2017kakutei2800

今回から確定申告書には

マイナンバーの記載が必要になった。

マイナンバー通知書と

免許証のコピーを添付し

申告書の作成が完了した。

あとは受付開始日(2/16)頃

郵送することにする。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬濤。春の気配。(沼津)

沼津へでかけた。

沼津駅を出ると

低気圧による強風で

看板がガタガタと揺れていた。

西風なので

風を避けるように

建物の東側を歩けば

日射しがあるので暖かかった。

何時ものように

「浅間神社」に参拝し

「乗運寺」に到着した。

800p1270105

境内の陽当たりの良い場所で

数人の老婦人が語らいでいた。

昔ながらの「沼津弁」に

心が和んだ。

800p1270115

本堂前の白梅は

この寒波が過ぎれば

一気に満開になりそうな気配だった。

800p1270112
当家の墓は

強風で供華が散乱していた。

「香の花」を生け直し

一月の墓参りを終えた。

800p1270122
墓参りの後は

千本浜へ向かった。

途中の公園の

何時ものベンチでひと休みしたが

強風で上空の枯れた枝葉が落ちてきた。

800p1270123

大きな枝が揺れ

時折「ゴン」と鈍い音が響いていた。

この風では

浜へは降りられないが

浜の様子だけ見て帰ろうと

千本浜へ向かった。

800p1270126

強風の御陰か

雲が飛ばされ

富士山が姿を見せてくれた。

800p1270133
浜は

波がとげとげしく立ち騒ぎ

絵に描いたような

荒れた海だった。

800p1270161
小さな子供なら

吹き飛ばされるだろう。

冬濤だ。

800p1270159

それでも

風は暖かく

春の気配を感じた。

800p1270163

来週は二月だ。

800p1270174

寒がりの私には

暖かい春が待ち遠しい。

800p1270103
二月になれば

「寿太郎みかん」の出荷が始まる。

 「寿太郎みかん」の出荷

まだ少し早いので

沼津駅で「寿太郎みかんマドレーヌ」を購入。

800p1270176
800p1270180
お昼の新幹線で帰途に就く。

800p1270179
           桃中軒の「桜えびめし弁当」 と 「ぬまっちゃ」

 Photo : STYLUS1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初詣 2017(沼津浅間神社)

平成29年元旦。

初詣と初参りにでかけた。

正月休みが短いせいか

元旦は空いている新幹線も

観光客やUターン客で乗客は多かった。

280㎞/hの

心地良い振動に

ついウトウトしてしまった。

800p1010005

三島で降車。

在来線に乗換え

沼津駅を出ると

風も無く日差しが暖かかった。

少し歩けば汗ばむほどだ。

駅前の「仲見世」商店街は

三が日は殆ど休みで

閑散としていた。

800p1010094

今年は正月飾りが

例年に比べ少ないので

何時もより寂しく感じたアーケード街だった。

800p1010016

                                                       「ラブライブ!サンシャイン!!

「沼津浅間神社」には

9時半頃に到着したが

すでに参拝者の行列ができていた。

800p1010090

天気が良いので

参拝者の出足が早かったのだろう。

800p1010092

15分程行列に並び

念入りに参拝したのち

御札と御守りを受け

初詣を終えた。

800p1010098
初詣の後は

近くの「乗運寺」で

新年の初参りをした。

800p1010019

「所縁の神社」と

「菩提寺」が近いので有り難い。

800p1010021

墓地内では

何組かの家族連れの

子供達の歓声が響いていた。

今年も一族の平穏を願い

新年のご挨拶(墓参)を済ませた。

800p1010026

本堂前の梅は

そろそろ咲き始めそうだ。

晴天に恵まれ

暖かな初参りだった。

800p1010022

初参りの後は千本浜へ向かった。

あまりにも良い天気なので

浜へ行く途中の公園にある

何時も一休みするベンチで

ひと休みもそこそこに

浜へ向かった。

800p1010037

千本浜は

まだ朝霞が

少し残ってはいるが

海と空が分け目無く

一つになった

紺碧の世界だ。

800p1010084

紺碧の空に

凧揚げをする

親子が楽しそうだった。

800p1010059_2

天気が良いので

近くの人や観光客が

大勢訪れ景色を楽しんでいた。

800p1010086

空に浮かんだ

「初富士」が美しかった。

800p1010054

今年も

穏やかな一年が

過ごせそうな気がする。

 Photo : STYLUS1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧