« 沼津へ出かけた。「お盆」2021 仲夏 | トップページ | 東寺縁日に参拝する。「弘法市」2021 仲夏(京都) »

梅雨が開けた。2021 仲夏

7月17日

梅雨が明けた。

「梅雨(ばいう)」の語源は

中国「長江(揚子江)流域」で

梅の実が熟する頃に降る雨ということから

名づけられたと言う説が一般だ。

日本では

詩歌集[藤原公任撰「和漢朗詠集」に

「梅雨」という言葉を読んだ詩の一節があり

平安時代には日本に伝わっている。

その後

江戸時代の「日本歳時記」の中に

「これを梅雨(つゆ)となづく」という記述があり

「梅雨」の読み方が「ばいう」から

「つゆ」に変化していったようだ。

800dsc04207

七月一日の

神事で始まった

「祇園祭」は「梅雨の祭」

祭りのあとは

油照りの夏が始まる。

800dsc04209_20210718144001

       

 Photo : RX100Ⅵ

|

« 沼津へ出かけた。「お盆」2021 仲夏 | トップページ | 東寺縁日に参拝する。「弘法市」2021 仲夏(京都) »