« 東寺縁日に参拝する。「弘法市」2021 仲夏(京都) | トップページ | 東寺に参拝する。「夏景色」2021 晩夏(京都) »

嵯峨野を散歩する。「夏景色」2021 仲夏(京都)

今日の散歩。

嵯峨野の

何時ものコースを散歩した。

「長辻通」を上り

「清凉寺」(嵯峨釈迦堂)に向かう。

参道の家々には

門掃きと打ち水の跡が残る。

800dsc04265

「清凉寺」(せいりょうじ)

 別称:嵯峨釈迦堂
 山号:五台山(ごだいさん)
 宗派:浄土宗
 本尊:釈迦如来
 創建:寛和三年(987)
 開基:奝然(ちょうねん)
 開山:盛算(じょうさん)

800dsc04269

境内は

蝉時雨降り注ぐ

真夏の景色だった。

800dsc04272_20210723102401

「本堂」に

蝋燭と線香を供え

季節のお参りをする。

800dsc04291

青空の中

「多宝塔」と

「小倉山」の

緑の景色が美しかった。

800dsc04277

当山には

鎌倉中期の頃

念仏中興の祖「円覚上人」が

この地で説法をされた時

集まった群衆の中に

生き別れの母の姿を見つけ

思わず「母みた」と叫んだという

何とも切ない逸話が残る。

「嵯峨大念仏伝承碑」には

『 あみだ 母みた 母みた 』と刻まれている。

800dsc04274

念仏を唱えれば

亡き母親を

念仏の中に見出すことができる

ということかも知れない。

長い時の流れた山内には

様々な逸話が残されている。

800dsc04284_20210723102501

「清凉寺」から

夏の陽射しの中

「愛宕街道」を上る。

800dsc04297

「二尊院」は

嵯峨野巡りの

観光客の出入りが多かった。

800dsc04303

山内の

参道(紅葉の馬場)は

「モミジの深緑」に覆われていた。

800dsc04304

「二尊院」(にそんいん)
 正式名
 山号:小倉山(おぐらやま)
 院号:二尊教院(にそんきょういん)
 寺号:華台寺(けだいじ)
 宗派:天台宗(明治以降)
 本尊:釈迦如来
     阿弥陀如来   
 創建:承和年間(834~848)
 開基:嵯峨天皇
 開山:慈覚大師(じかくだいし)

800dsc04307

「二尊院」から

「落柿舎」に下る。

緑に埋もれた

「落柿舎」門前を

修学旅行の子供達が通り過ぎる。

800dsc04315

「落柿舎」(らくししゃ)
 築邸:貞享二~三年(1685~1686)
 再建:明和七年(1770)
 庵主:向井去来(俳人)
     向井去来の別荘(俳句道場)
     「松尾芭蕉」は元禄四年長く
     滞在し『嵯峨日記』を著した。
     入口に下がる笠と蓑(みの)は
     去来の在庵を表わす。

800dsc04312

「落柿舎」から

「常寂光寺」へ向かう。

背後の「嵐山」に

「小倉山」が溶け込んだ

緑の景色が美しい。

800dsc04316

「常寂光寺」(じょうじゃっこうじ)
 山号:小倉山(おぐらやま)
 宗派:日蓮宗
 本尊:十界大曼荼羅
 創建:慶長年間(1596〜1614)
 開基:延壽院(えんじゅいん)
 開山:日禛上人(にっしんしょうにん)

800dsc04321_20210723103001

「常寂光寺」も

「モミジ」が覆い

爽やかな風が通り抜けていた。

800dsc04323

駐車場の

「夏もみじ」が

色付き始めている。

800dsc04324_20210723103001

「常寂光寺」から

緑の小径を通り抜け

「小倉池」へ向かう。

800dsc04326_20210723103101

「小倉池」は

暑さのせいか

飛び交う小鳥は少なく感じた。

800dsc04338

水面は

蓮の葉で覆われ

優しいピンクの

蓮の花が可愛らしく思った。

800dsc04341

池の小径は

木陰少なく

足早に「竹林」へ向かう。

800dsc04336_20210723103301

「竹林」に入ると

涼しげな風が通り抜ける。

竹の木陰と地下水の

自然のクーラー効果だろう。

800dsc04351

風に吹かれ

サヤサヤと

竹の奏が心地良い。

木漏れ陽に浮かぶ

「柴垣」が幻想的だ。

800dsc04360

「ウグイス」の

囀りを聞きながら

「竹林」を下り

「野宮神社」に参拝する。

竹林の中の緑の杜は

今日も幻想的だった。

800dsc04367

「野宮神社」(ののみやじんじゃ)
 創  建 :大同四年(809)
 創建者 :不詳
       天皇の代理で
       伊勢神宮にお仕えする斎王が
       伊勢に向う前に潔斎をした
       「野宮」に由来する。
 祭  神 :野宮大神(天照皇大神)
 御神徳 :鎮火勝運、芸能上達
       良縁結婚、子宝安産、商売繁盛
       交通安全、財運向上

800dsc04368

蝉時雨と

夏の景色

遠い記憶が蘇る。

800dsc04370

気温は高いが

深緑と笹の匂い香る

心地良い散歩だった。

800dsc04374

         

 Photo : RX100Ⅵ

|

« 東寺縁日に参拝する。「弘法市」2021 仲夏(京都) | トップページ | 東寺に参拝する。「夏景色」2021 晩夏(京都) »