« 円山公園を散歩する。「桜」2021 初春(京都) | トップページ | 嵯峨野を散歩する。「桜」2021 仲春(京都) »

東寺に参拝する。「桜」2021 仲春(京都)

今日の散歩。

東寺へでかけた。

九条通りから

「南大門」を入る。

800dsc02122_20210330161801

境内には

「五重塔」と「桜」の

写真を撮る拝観者が多かった。

先ずは

「金堂」に遙拝する。

800dsc02109

境内に植えられた

約200本の桜が

一斉に見頃を迎えている。

日曜日の雨にも

散り残ったようだ。

800dsc02013_20210330162001

800dsc02012_20210330162001

桜を眺めながら

境内を北上し「西院」へ向かう。

800dsc02005_20210330162101

800dsc02007_20210330162101

「西院」へ入ると

「御影堂」にお参りする

参拝者が多かった。

800dsc02048_20210330162201

しばらく

堂内が空くのを待ち

片言のお経を唱え参拝する。

800dsc02045_20210330162201

「御影堂」から

西へ廻ると

「大黒堂」前の

「陽光桜」が散り始め

花弁が地面を赤く染めていた。

異質な桜だが

絵になる桜だ。

800dsc02064_20210330162201

駐車場には

拝観者の車が並んでいた。

多くは他県ナンバーだ。

800dsc02029_20210330162301

「五重塔」に

春の彩りを添える

「不二桜」も見頃だ。

800dsc02032_20210330162301

『不二桜』

 樹種:八重紅枝垂れ桜

 樹齢:約120年

 樹高:13m

 枝周り:10m

 移植:平成十八年(2006)

800dsc02017

どこから見ても

美しい姿の迫力ある桜だ。

800dsc02088_20210330164401

「拝観入り口」には

拝観者の行列が出来

密にならないよう

係員が注意を促していた。

800dsc02022

宣言解除と

桜のシーズンで

観光客が増えてきたが

広い境内だから大丈夫だろう。

800dsc02027

今年の桜は

早く咲き始めたが

早く散ることなく咲き続けている。

自然は巧く帳尻を合わせるものだ。

800dsc02039_20210330162601

さて。

朝はまだまだ寒いが

日中は上着いらずの汗ばむ気候だ。

早くも初夏の陽気に

戸惑う散歩だった。

800dsc02075_20210330162601

 

 Photo : RX100Ⅵ

|

« 円山公園を散歩する。「桜」2021 初春(京都) | トップページ | 嵯峨野を散歩する。「桜」2021 仲春(京都) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 円山公園を散歩する。「桜」2021 初春(京都) | トップページ | 嵯峨野を散歩する。「桜」2021 仲春(京都) »