« 東寺に参拝する。「桜」2021 仲春(京都) | トップページ | 疎水を散歩する。「桜」2021 仲春(京都) »

嵯峨野を散歩する。「桜」2021 仲春(京都)

今日の散歩。

嵯峨野の

何時ものコースを散歩した。

「長辻通」を上り

「清凉寺」(嵯峨釈迦堂)に向かう。

800dsc02135

「仁王門」が

青空に映えていた。

800dsc02137_20210403105801

「清凉寺」(せいりょうじ)

 別称:嵯峨釈迦堂
 山号:五台山(ごだいさん)
 宗派:浄土宗
 本尊:釈迦如来
 創建:寛和三年(987)
 開基:奝然(ちょうねん)
 開山:盛算(じょうさん)

800dsc02139

この地には

「嵯峨天皇」の仙洞「嵯峨院」の一部で

皇子「源融(みなもと の とおる)」の

山荘「栖霞観(せいかかん)」があった。

「融公」の薨ずるまぎわに

「山荘」を仏寺にした「棲霞寺(せいかじ)」の

「釈迦堂」に「弥陀三尊(国宝)」を

奉安したのが創めとされる。

800dsc02143

「融公」は

「紫式部」の「源氏物語」の

主人公「光源氏」のモデルとされている。

800dsc02152

「本堂」に

蝋燭と線香を供え

仲春のお参りをする。

800dsc02155

「多宝塔」の

「河津桜」は鮮やかな葉桜。

いまは「枝垂れ桜」が咲き誇る。

800dsc02160_20210403110201

見上げると

「染井吉野」の花びらが

はらはら降ってきた。

800dsc02147_20210403110101

「仁王門」に

春の彩りを添える桜も

そろそろ散り始める頃だろう。

800dsc02164

「長辻通」から

「仁王門」をくぐる

数人の観光客とすれ違う。

800dsc02154

「清凉寺」から

「愛宕街道」を上る。

800dsc02165

「二尊院」の

自販機で水分補給する。

オロナミンCドリンク 110円也

800dsc02172

参道の

「モミジ」の葉が

日毎に大きく成長し

鮮やかになってきた。

800dsc02170

「二尊院」も

観光客の出入りが多い。

「紅葉の馬場(参道)」の

桜がはらはらと散っていた。

800dsc02167_20210403110401

「二尊院」(にそんいん)
 正式名
 山号:小倉山(おぐらやま)
 院号:二尊教院(にそんきょういん)
 寺号:華台寺(けだいじ)
 宗派:天台宗(明治以降)
 本尊:釈迦如来
     阿弥陀如来   
 創建:承和年間(834~848)
 開基:嵯峨天皇
 開山:慈覚大師(じかくだいし)

800dsc02168

「二尊院」から

「落柿舎」に下る。

800dsc02173

「落柿舎」を

覆う緑が増し

春の景色に変わっていた。

もうじき柿の新芽も出始めるだろう。

800dsc02184_20210403110501

「落柿舎」(らくししゃ)
 築邸:貞享二~三年(1685~1686)
 再建:明和七年(1770)
 庵主:向井去来(俳人)
     向井去来の別荘(俳句道場)
     「松尾芭蕉」は元禄四年長く
     滞在し『嵯峨日記』を著した。
     入口に下がる笠と蓑(みの)は
     去来の在庵を表わす。

800dsc02177_20210403110501

「常寂光寺」の

参道の「モミジ」も

緑が鮮やかに変わり始めた。

早いものだ。

800dsc02187_20210403110601

「常寂光寺」(じょうじゃっこうじ)
 山号:小倉山(おぐらやま)
 宗派:日蓮宗
 本尊:十界大曼荼羅
 創建:慶長年間(1596〜1614)
 開基:延壽院(えんじゅいん)
 開山:日禛上人(にっしんしょうにん)

800dsc02190

「常寂光寺」から

「小倉池」を通り抜け

「亀山公園」へ向かう。

800dsc02199_20210403110601

小倉池畔の

「御髪神社」の桜が

陽に照らされ輝いていた。

墨絵のようで美しい。

800dsc02198_20210403110601

「亀山公園」は

姿の良い桜が多い。

800dsc02211_20210403110701

ベンチで

しばらく桜を眺める。

園内で

遊ぶ子供達の声が

心地良く聞こえた。

800dsc02221

「竹林」へ戻ると

観光客の歓声が聞こえる。

少しはへ減ったように思うが

次から次と途切れることはない。

800dsc02226_20210403110801

やや風強く

サーザーと

竹の揺れる音がする。

落ちる笹の葉から

笹の香が漂っていた。

800dsc02227_20210403110801

「ウグイス」の

鳴き声を聞きながら

「竹林」を下り

「野宮神社」に向かう。

800dsc02234

小径を覆う

「花筵(はなむしろ)」が美しかった。

800dsc02239_20210403110901

「野宮神社」も

参拝者が多いが

疫病前のような

騒がしさが消え

風情漂う緑の杜だ。

800dsc02235_20210403110901

「野宮神社」(ののみやじんじゃ)
 創  建 :大同四年(809)
 創建者 :不詳
       天皇の代理で
       伊勢神宮にお仕えする斎王が
       伊勢に向う前に潔斎をした
       「野宮」に由来する。
 祭  神 :野宮大神(天照皇大神)
 御神徳 :鎮火勝運、芸能上達
       良縁結婚、子宝安産、商売繁盛
       交通安全、財運向上

800dsc02250

桜の花と

笹の匂い香る

心地良い散歩だった。

800dsc02247

      

 Photo : RX100Ⅵ

|

« 東寺に参拝する。「桜」2021 仲春(京都) | トップページ | 疎水を散歩する。「桜」2021 仲春(京都) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東寺に参拝する。「桜」2021 仲春(京都) | トップページ | 疎水を散歩する。「桜」2021 仲春(京都) »