« 大将軍八神社に参拝。2017 初秋(京都) | トップページ | 北野天満宮に参拝。2017 初秋(京都) »

平野神社に参拝。2017 初秋(京都)

今日の散歩。

平野神社へでかけた。

嵐電「北野白梅町駅」から

10分ほど歩いた「西大路道」に

「平野神社」(ひらのじんじゃ)がある。

「北野天満宮」北門から

2分ほどの距離だ。

800p1050908

御祭神
 今木皇大神(いまきのすめおおかみ)
                源気新生、活力生成の神
 久度大神(くどのおおかみ)
                台所・食事の神
 古開大神(ふるあきのおおかみ)
                邪気を振り開く平安の神
 比賣大神(ひめのおおかみ)
                生産力の神

800p1050905

本殿は

国の重要文化財に指定されている。

800p1050842

鳥居をくぐると

朱色の灯籠が立ち並ぶ

参道の先に神門がある。

800p1050910

神門をくぐると

桜の木に囲まれた

境内の中央に拝殿がある。

800p1050846

拝殿では

桜のライトアップ期間には

桜コンサートなども開催されるという。

拝殿の奥が本殿だ。

800p1050849

本殿は

4殿2棟からなる「平野造」と称される

独特の形式の造りで

荘厳な雰囲気の

美しい神社だ。

神紋も赤い桜紋だ。

800p1050855

先ずは

拝殿から奥に進み

本殿へ参拝した。

この神社は

古くから桜の社として知られ

魁桜という品種を筆頭に

胡蝶、一葉、寝覚、御衣黄

当社発祥の衣笠など約60種類

400本あまりの桜が境内を埋め尽くす。

花祭の時期は人が多いので

来られるかどうか分からないが

機会があったら見に来たいと思った。

800p1050870

【平野神社】
 平安遷都に伴って奈良の平城京からこの地に移された神社で、祭紙として、今木神(いまきのかみ)、久度神(くどのかみ)、古開神(ふるあきのかみ)、比買神(ひめのかみ)四神を祀っている。平安時代中期には、伊勢、賀茂(上賀茂、下鴨)、石清水、松尾に次ぐ名社に数えられた。
 桜の名所として名高く、古くから各公家伝来の桜が奉納されたことから、境内には約五十種、約四百本の桜が植えられており、「平野の夜桜」として親しまれている。早咲きの品種は三月中旬、遅咲きの品種は四月二十日ごろに咲くといわれ、約一箇月間花見ができる。
 歴代の朝廷に大変暑く崇敬され、律令の施行細目を定める「延喜式(えんぎしき)」で皇太子御親祭とされたほか、源氏や平氏をはじめ諸子の氏神としても崇められた。
 本殿(重要文化財)は、寛永年間(一六二四〜一六四四)に建築されたもので、春日造(かすがづくり)の四殿を並べ、二殿ずつが「合の間」で連結されており、「平野造」(ひらのづくり)又は「比翼春日造」(ひよくかすがづくり)と呼ばれている。南門は慶安四年(一六五一)に御所の旧門を下賜されたもので、昭和一八年(一九四三)に現在の大鳥居の位置から移築された。
 寛和元年(九八五)四月十日に花山天皇が桜をお手植えされたことにちなみ、毎年四月十日には桜祭りが行われ、多くの人でにぎわう。

800p1050830

参拝を終え

西門から出ようと

桜並木を歩くと

左手にカバンを持ち

杖を軽くつきながら歩く

老紳士とすれ違った

私もあんな風になりたいと思った。

800p1050834

今日は

風も涼しく

心地良い天気だった。

来週も

この付近を

徘徊しようと思う。

 

 Photo : Lumix TX1

|

« 大将軍八神社に参拝。2017 初秋(京都) | トップページ | 北野天満宮に参拝。2017 初秋(京都) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566318/65740706

この記事へのトラックバック一覧です: 平野神社に参拝。2017 初秋(京都):

« 大将軍八神社に参拝。2017 初秋(京都) | トップページ | 北野天満宮に参拝。2017 初秋(京都) »