« 平野神社に参拝。2017 初秋(京都) | トップページ | 石像寺(釘抜地蔵)に参拝。2017 初秋(京都) »

北野天満宮に参拝。2017 初秋(京都)

今日の散歩。

北野天満宮へでかけた。

嵐電「北野白梅町駅」から

10分ほど歩いた「今出川通」に

「北野天満宮」(きたのてんまんぐう)がある。

800p1060085

御祭神
 菅原道真公

全国に約1万2000社ある

天満宮、天神社の総本社だ。

800p1060083

「一の鳥居」から石畳を進むと

「三の鳥居」の先に「楼門」がある。

800p1060122

「楼門」は桃山時代の様式で

門の両側には彩色された

随神(ずいしん)の像が置かれている。

800p1060125

「楼門」上部には

菅原道真公を褒め称える言葉

 『文道大祖 風月本主』
 (ぶんどうのたいそ ふうげつのほんしゅ)

の扁額が掲げられている。

800p1050984

「楼門」から左に折れ

「絵馬所」前の石畳を進むと

「三光門」(重要文化財)がある。

中門とも呼ばれる「三光門」は

慶長十二年(1607)に豊臣秀頼が

建立したと伝えられている。

800p1060132_2

「三光門」の扁額「天満宮」は

「後西天皇」が書かれたものだそうだ。

 ※後西天皇(ごさいてんのう)
  第111代天皇
  在位:承応三年(1655年)~寛文三年(1663年)

800p1050972

「三光門」をくぐると「本殿」(国宝)がある。

「本殿」前は

現在工事中で

全貌は見えないが

左に「紅梅」

右には「松」が植えられている。

「本殿」とのバランスが美しい。

800p1060141

先ずは

奥に進み

「本殿」に参拝した。

桃山様式の「本殿」は

慶長十二年(1607)に

秀吉の遺志を受け継ぎ

豊臣秀頼が造営したといわれている。

美しい「本殿」だ。

800p1060136
参拝を終え

休息所を兼ねている

「絵馬所」で一休みした。

800p1060145

  【北野天満宮絵馬所】
 北野天満宮の本殿を始めとする主要な社殿は、慶長十二年(1607)に再建されたもので。その後。元禄十三年(1700)から翌年にかけて大修理が行われている。現在の絵馬所は、元禄の大修理の際に建てられたものである。
建築当所は、現在の位置より北に、棟を南北に通して建ち、また、屋根も現在は桟瓦葺であるが、当初は木の板で葺いた木賊葺(とくさぶき)であった。
 この絵馬所は、規模が大きく、京都に現存する絵馬堂の中で最も古いものであり、江戸時代中期の絵馬堂の遺構としてとして貴重である。

800p1060127

「絵馬所」外壁には

「三十六歌仙」の額絵が掲げられている。

何となく見れば

他の奉納額と同じように

木板に描かれているように見えるが

これは

西陣織で織り込んだものだ。

ここから東は「西陣」の地。

職人の高度な技術の集大成だ。

素晴らしい作品だと思う。

800p1060152

「絵馬所」内には

多くの奉納額が掲げられているが

西の端の目立たないところに

謎の奉納額がある。

新選組の隊旗「誠」の文字の

モデルになったとも言われる奉納額だ。

現代ではよく見るような書体だが

当時は斬新な書体で

近藤勇が気に入ったのだろう。

800p1060147

奉納額を眺めた後

「絵馬所」の縁台に座り

参拝者を眺めながら一休みした。

「北野天満宮」と言えば学問の神様。

やはり学生の参拝者が目立って多い。

800p1060154

「本殿」の北に

牛舎「一願成就のお牛さん」がある。

ここには大勢の中学生が参拝していた。

800p1050951

「お牛さん」を撫でると

一つだけ願いがかなうと言われる神様だ。

800p1060076

後ろには

大量の「絵馬」が奉納されている。

殆どが

中学・高校・大学入試だ。

中には

感心なことに

合格後の「お礼絵馬」もある。

若い人達の

エネルギーを感じた。

800p1060071

【北野天満宮】(きたのてんまんぐう)
 菅原道真公を祀り、一般に「北野の天神さん」と呼ばれ、学問の神として崇められている。  
 天暦元年(947)の創建と伝え、天徳3年(959)藤原師輔(もろすけ)によって社殿が整備され、天正15年(1587)には、豊臣秀吉が、付近一帯の松原で北野大茶会を催した。  
 本殿(国宝)は、豊臣秀頼が、慶長12年(1607)に造営したもので、権現造(ごんげんづくり)の代表的遺構である。また、中門は三光門と呼ばれ、後西天皇筆の勅額「天満宮」を掲げている。
 宝物としては、紙本著色北野天神縁起絵巻(国宝)などの貴重な文化財を蔵している。  
 毎年2月25日には梅花祭、10月14日には瑞饋祭(ずいきまつり)が催されるほか、毎月25日の道真公の命日には多くの参拝者で賑う。

800p1060043

参拝後は

北門近くにある

「文子天満宮」に寄った。

(あやこ てんまんぐう)

800p1050921

御祭神
 菅原道真公

800p1050920

境内は

参拝者は少ない。

先ずは

カチャカチャと鈴を鳴らし

ゆるりと参拝した。

この神社の本宮は

京都駅前の「渉成園」近くにあるが

「北野天満宮」の発祥神社だ。

私も本宮には度々参拝するが

ここの神社にはあまり参拝したことがない。

「北野天満宮」参拝時には

必ず参拝したいと思った。

800p1050923

今日は

「金閣寺」まで

「西大路通」を往復し

6,000歩ほど歩いた。

「釘抜地蔵」に御参りして帰ろうと思ったが

「北野天満宮」を覗いてみると

空いていたので寄ってみた。

意外にのんびりでき

楽しかった。

800p1050915

今日は

日射しは強いが

風も涼しく

心地良い天気だった。

明日は

「釘抜地蔵」に

御参りしようと思う。

 

 Photo : Lumix TX1

|

« 平野神社に参拝。2017 初秋(京都) | トップページ | 石像寺(釘抜地蔵)に参拝。2017 初秋(京都) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566318/65760843

この記事へのトラックバック一覧です: 北野天満宮に参拝。2017 初秋(京都):

« 平野神社に参拝。2017 初秋(京都) | トップページ | 石像寺(釘抜地蔵)に参拝。2017 初秋(京都) »