« ドクターイエローに遭遇した。2017 仲夏(京都駅) | トップページ | 晦日盆。墓参りにでかけた。2017(伊豆の國) »

法金剛院の観蓮会。2017 仲夏(京都)

今日の散歩。

法金剛院へでかけた。

JR「花園駅」から

5分ほど歩いた「丸太町通」沿いに

「法金剛院」(ほうこんごういん)がある。

横断歩道が青信号なら

3分ほどの距離だ。

800p1050069

「表門」から

「鐘楼」横を抜けると

さらに「中門」がある。

「表門」も「中門」も

寺の規模にしては

小さな山門だ。

800p1050072

法金剛院は

名高きハスの名所で

ちょうど観蓮会(かんれんえ)が行われていた。

800p1050073

世界中の蓮の花が集められ

池や鉢に植えられている。

800p1050207
「庫裏」から

「礼堂」前には

鉢植えの大きな蓮が並べられていた。

800p1050213

淡いピンクの大輪が美しかった。

800p1050188_2

800p1050171

先ずは

御本尊の大きな「阿弥陀如来」(重文)と

「十一面観世音菩薩」(重文)

「僧形文殊菩薩」(重文)

「地蔵菩薩」(重文)

に御参りした。

御参りのあと

「礼堂」から見えた

可憐な蓮の花に思わず見とれた。

800p1050151

庭園は回廊式庭園で

大きな池には蓮が植えられている。

池の中央には島(亀島)があるが

蓮に覆われ見えなかった。

800p1050086

「法金剛院」の蓮の花は

7月上旬~8月初旬にかけて

約90品種の蓮の花が次々と咲き揃う。

蓮の花は

開花初日、夜明けから10時頃まで猪口(ちょこ)のように咲き、

2日目には椀のように11時頃まで咲く。

3~4日目は昼過ぎから夕方頃まで咲き

そして散ってしまう。

花の命は短い。

800p1050105

青色と黄色は

咲いていなかったが

大小咲き揃う「蓮の花」に心が和んだ。

800p1050136
蓮の池に

覆いかぶさる楓も

ほんのり夏色に変わっていた。

夏の寺院は涼しくて気持ちが良い。

しばらく木陰で涼み

帰途に就く。

800p1050186

【法金剛院】(ほうこんごういん)
 五位山と号する、京都では数少ない律宗寺院である。
極楽浄土に見立てた浄土式庭園は有名で、平安末期の姿をとどめている、花の寺としても知られ、とりわけ蓮の名所として名高い。
 平安時代の初めに右大臣清原夏野(きよはらのなつの)がこの地で営んだ山荘を、没後、寺に改め、双丘寺(そうきゅうじ)と称したのが当寺の起こりで、大治5年(1130)に鳥羽上皇の中宮待賢門院(たいけんもんいん)が再興し、寺名を法金剛院と改めた。 四季折々の美しい景観は、待賢門院を深く慕ったといわれる西行(さいぎょう)の歌にも詠まれている。その後、弘安2年(1279)に円覚により再興され、律宗に改められた。
 本堂は、元和4年(1618)に再建されたもので、堂内には、本尊の阿弥陀如来坐像(あみだにょらい)、僧形文殊坐像(そうぎょうもんじゅ)(いずれも重要文化財)などを安置している。また、寺宝として、蓮華式香炉(重要文化財)などの工芸品や書画など多数を蔵している。
 庭園は、昭和45年(1970)に発掘、復元されたもので、池の北側にある巨石を並べて造られた「青女の滝」(せいじょ)は、五位山と呼ばれる背後の山とともに国の特別名勝に指定されている。   京都市

800p1050223
今日は「太秦」へ行く予定だったが

朝の蒸し暑さに心がめげた。

暑い日は

近くに限る。

この夏

始めて食べた

「かき氷」が美味しかった。

「太秦」には

来週行こうと思う。

 

 Photo : Lumix TX1

|

« ドクターイエローに遭遇した。2017 仲夏(京都駅) | トップページ | 晦日盆。墓参りにでかけた。2017(伊豆の國) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566318/65565147

この記事へのトラックバック一覧です: 法金剛院の観蓮会。2017 仲夏(京都):

« ドクターイエローに遭遇した。2017 仲夏(京都駅) | トップページ | 晦日盆。墓参りにでかけた。2017(伊豆の國) »