« 2017年5月 | トップページ

2017年6月

御髪神社に参拝。2017 初夏(京都)

今日の散歩。

御髪神社へでかけた。

JR「嵯峨嵐山駅」から

15分ほど歩いた小倉池の畔に

「御髪神社」(みかみじんじゃ)がある。

800p1030822

祭神は

藤原鎌足の末孫、藤原采女亮政之(うねめのすけまさゆき)。

日本唯一の頭髪(理容)に関わる神社だ。

800p1030812

小さな境内の

数段の石段の上に

小さな本殿がある。

小さな鈴をカチャカチャと鳴らし

「本殿」に参拝した。

800p1030806

本殿の横に「髪塚」がある。

一般的な神社では

特別なお願いをする場合

玉串奉納を行い参拝するが

「御髪神社」では

「献髪奉納」という参拝作法がある。

まず神職に頭髪を少し切っていただき

それを袋に納めて神前にお供えし参拝するのだ。

私は遠慮したが

「献髪」する人は

結構多いそうだ。

【髪塚】
髪は人身の最上位にあって、造化の神より賜った美しい自然の冠りであると共に生前にも残し得る唯一の分身(カタミ)として、大きな恩恵に感謝する為、副神として納祭し、祈拝されます。

800p1030808_2

絵馬を見ると

「ハゲが治りますように」の祈願もあるが

「今の髪が維持できますように」の祈願も多い。

800p1030809

最近では

カツラ・育毛剤などの

理容業以外の参拝者も多いそうだ。

通称「ハゲ神社」と呼ばれるが

私の頭髪は今のところ

御厄介になることはないだろう。

危なくなったら

駆け込むことにする。

800p1030810

【御髪神社由緒】
亀山天皇の御代(一二五九年~一二七四年)に藤原基晴卿が宮中に宝物係として仕えていたが、所管の宝物を紛失した責任を取り、探索の為諸国を行脚し、文久五年下関に居を構え三男政之公が生計を髪結職に求めたのが髪結業の始祖であった。

800p1030814

雲の合間から

時々射す日射しは

暑かったが

爽やかな風が吹き

気持ちの良い一日だった。

 

 Photo : Lumix TX1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嵯峨天皇陵に参拝。2017 初夏(京都)

今日の散歩

「嵯峨天皇陵」に参拝した。

JR「嵯峨嵐山駅」から

30分ほど歩いた山裾に

御陵への参拝道入り口がある。

「嵯峨天皇陵」までは

さらに20分程だ。

800p1040493

【嵯峨天皇嵯峨山上陵】

(さがてんのう さがの やまのえの みささぎ)

800p1040519

参拝道入り口から

530段の石段を上った山頂が御陵だ。

参拝道入り口から

山頂までの標高差は約80mある。

 530段×0.15m≒80m

石段は九十九折りでかなり急峻だ。

この参拝道は

平成24年の土砂崩れで閉鎖され

一般の参拝が停止されていたが

平成27年6月に復旧工事が完成し

同時に参拝が再開された。

話では登り易くなったと聞いたが

私にはかなりきつい。

800p1040502

参拝道石段の途中からは

嵯峨野が一望できる。

かって「嵯峨天皇」の時代は

現在の「大覚寺」に「嵯峨御所」があった。

その時代の嵯峨野は

「広沢池」を取り囲むように

田園が広がっていたことだろう。

800p1040528_2

「大覚寺」方面には

大覚寺の「大沢池」と

赤い「大覚寺心経宝塔」が見える。

800p1040508_3
遠くには

「京都タワー」が霞んで見えた。

まるで蝋燭を立てたようだ。

800p1040546_2
石段を20分程上ると

やっと御陵が見えてきた。

息が切れる。

とりあえず

管理小屋の日陰でひと休みだ。

800p1040513

ひと休みを終え

やっと陵墓に到着した。

800p1040520

陵形は円丘で

周りを三段の空石積みで取り囲んでいる。

他に参拝者は居ないので

ゆっくりと参拝した。

800p1040522

参拝後は

10分程付近を散策し

下山することにした。

帰りは

これがまた大変だ。

最近は上りより

下りが辛い。

膝が痛くて

思うように降りられない。

私もとうとう

爺(ジジイ)の仲間入りしたなと思った。

800p1040505

下山途中で見つけた山躑躅の

ピンクの小花が可愛かった。

800p1040540

この近くには「後宇多天皇陵」もある。

涼しい日に参拝したいと思った。

 

今日は

かなり疲れたので

明日は

近場で済まそうと思う。


 Photo :Lumix TX1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地蔵院の新緑。2017 初夏(京都)

今日の散歩。

地蔵院へでかけた。

阪急「上桂駅」から

15分ほど歩いた衣笠山麓に

「地蔵院」(じぞういん)がある。

800p1040105

竹林の中にあるので

別名「竹の寺」と呼ばれている。

800p1040106

山門を入ると

涼しげな竹林の中に

落ちついた空間が広がっていた。

遠くに本堂が見える。

800p1040107

幻想的な木漏れ日の中を歩くと。

800p1040109
幼い頃

母に読み聞かされた

お伽話の世界のようだと思った。

800p1040112

地蔵堂(本堂)は

伝教大師の作といわれる

延命安産の地蔵菩薩が御本尊だ。

800p1040120

先ずは地蔵堂に御参りをした。

800p1040125

地蔵堂を覆う青モミジが

木漏れ日に照らされ美しかった。

薄暗い竹林との

コントラストも良い。

800p1040152

境内の庭は

緑の苔で覆われている。

竹と苔が美しい閑静な寺だ。

800p1040127_4

地蔵堂の横には

「一休禅師母子像」がある。

「地蔵院」は

「一休さん」(一休禅師)の

生まれ育った寺と伝えられている。

「一休さん」は近くの民家で生まれ

「地蔵院」で6歳まで養育されたという。

 ※(寺院内での出産は遠慮された)

この竹林の中で

母子で楽しく過ごしたことだろう。

親子の姿は美しく

懐かしくも思った。

800p1040135

地蔵堂横の

緑の小径の先には中門がある。

800p1040155

中門を入ると「方丈」がある。

「方丈」は現在修理中で(平成29年10月末まで)

中には入れないが

「方丈」の書院から見る

「十六羅漢の庭」と呼ばれる枯山水庭園が美しい。

   ※写真は「地蔵院」ポストカード

紅葉の頃

また来たいと思う。

Img_20170611_0001

帰り道

ふと振り返ると

山門を覆うモミジに陽があたり

輝いた新緑が美しかった。

800p1040209

【地蔵院】(じぞういん)
衣笠山(きぬがさやま)と号する臨済禅宗の寺で、通称、谷の地蔵又は、竹の寺とも呼ばれている。
 この地には、もと歌人の衣笠内大臣藤原家良(ふじわらのいえよし)の山荘があったが、家良の没後、貞治六年(1367)に、官領の細川頼之(ほそかわよりゆき)が、宗鏡禅師(そうきょう)に深く帰依して当寺を建設した。宗鏡は、恩師夢窓国師(むそう)を開山に請じて、自らは第二世となった。
 以後、当寺は細川家の庇護を受け、次々と伽藍を建立し、境内塔頭三院、末寺二十三寺数える一大禅利となったが、応仁の乱により堂舎悉く消失してしまった。その後、江戸時代の貞享三年(1686)に、第一四世古霊和尚によって寺観が整えられた。
 現在の本堂(地蔵堂)は、昭和一〇年(1935)に再建したもので、堂内には、本尊の延命安産地蔵菩薩、夢窓国師、宗鏡禅師、細川頼之の木像を安置している。
 また、方丈前には、「十六羅漢の庭」(じょうろくらかん)と呼ばれる枯山水庭園があり、本堂南には、宗鏡禅師、細川頼之の墓がある。なお、一休禅師が幼少の頃修業された寺でもある。

800p1040100

今日も

JR「嵯峨嵐山駅」から

歩く予定だったが

昨日の疲れが残っていたので

阪急嵐山線「上桂駅」からの経路にした。

歩く歩数(一万歩)が少し足りなかったが

たまには

こんな日があっても良いだろう。

 

 Photo : Lumix TX1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月読神社に参拝。2017 初夏(京都)

今日の散歩。

月読神社へでかけた。

JR「嵯峨嵐山駅」から

50分ほど歩いた松尾山麓に

「月読神社」(つきよみじんじゃ)がある。

先週訪れた「松尾大社」の南400mに位置し

「松尾大社」の境外摂社となっている。

800p1040007

祭神は「月読尊」(つきよみのみこと)。

「月読尊(大神)」は

夜を統べる神だということだ。

「月読」とは「月齢を数える」

すなわち「暦」を司る神ではないだろうか。

800p1040058

石段を上ると楼門がある。

楼門からは新緑に覆われた

本殿と拝殿が見える。

800p1040049

こぢんまりとした境内だ。

古い神社にしては

本殿(江戸時代)と拝殿と

小さな社務所だけだ。

室町時代初期の

「松尾神社境内絵図」によれば、

かつては本殿・拝殿のほか

假殿・庁屋・講坊・贄殿等があったそうだ。

800p1040018
境内に「神功皇后」ゆかりの

安産信仰発祥の石「月延石」(つきのべいし)が

奉祀されていることから

「安産守護のお社」として崇められている。

安産祈願の参拝者が多いが

神秘的な雰囲気が漂う境内なので

最近では若い女性の参拝者も多いという。

800p1040030

瞑想する英語圏の

美少女の邪魔にならないように

小さくカチャカチャと鈴を鳴らし

「本殿」に参拝をした。

800p1040037

本殿脇に「月延石」があり

誰でも撫でて祈願することができる。

白い石は参拝者が奉納した「祈願石」だ。

【月延石】(つきのべいし)
境内にある「月延石」は「安産石」とも呼ばれ、安産の神として信仰されている。『雍州府志』所載の伝説では、この石は元は筑紫にあり、神功皇后が応神天皇を産む際にこの石で腹を撫でて安産し、のち舒明天皇の時に月読神社に奉納されたという。

800p1040034

この神社には「絵馬」の奉納はない。

ここでは「祈願石」といわれる白石に

願い事を書いて奉納するしきたりととなっている。

「安産祈願」や「安産お礼」が書かれた

「祈願石」を読んでいると

ほのぼのとした気持ちになった。

800p1040035

【月読神社境内】
 月読(つきよみ)神社は延喜式では名神大社の一つに数えられる神社で、元は壱岐氏によって壱岐島において海上の神として奉斎されたものです。
 文献によれば、顕宗(けんそう)三年(四八七)阿閉臣事代(あべのおみことしろ)が朝鮮半島に遣わされる際に、壱岐で月読尊がよりついて宣託をしたので、これを天皇に奏上して山城国葛野郡歌荒樔田(うたあらすだ)の地に社を創建したとされ、斎衡(さいこう)三年(八五六)に松尾山南麓の現在の地に移ったと伝えます。
 境内は、江戸時代に建てられた本殿、拝殿を中心に、御舟社、聖徳太子社などから構成されています。
 月読神社が京都へもたらされるにあたっては渡来系氏族、なかでも山城国と深く関係する秦氏が関わった可能性が強く、古代京都の神祇信仰やまた渡来文化を考える上で重要な意味をもつ神社であるといえます。

800p1040014

日射しが強く

暑い日だったが

木陰では爽やかな風が吹き

気持ちの良い一日だった。

 

さて、明日は

地蔵院(竹の寺)まで

足を延ばすことにする。

 

 Photo : Lumix TX1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電電宮に参拝。2017 初夏(京都)

今日の散歩。

電電宮へでかけた。

JR「嵯峨嵐山駅」から

20分ほど歩いた嵐山の山腹に

「電電宮」(でんでんぐう)がある。

「電電宮」は「法輪寺」の境内にあり

「法輪寺」の鎮守社となっている。

800p1030670

「法輪寺」山門から

新緑に覆われた石段を上ると。

800p1030647

石段の途中に

「電電宮」の入り口がある。

800p1030585

少し奥まった場所に

「電電宮」がある。

800p1030586

崖の上に

貼り付けたような狭い神社だ。

先ずはガチャガチャと鈴を鳴らし

「社殿」に参拝をした。

800p1030581

「電電宮」は

電力、電気電子、電波のトラブル等を

防ぐ等といったご利益があると言われている。

その為

全国の電力・電気・電子関係の企業や

放送・ソフトウェアやIT関連の企業の方が

多く参拝に訪れるそうだ。

800p1030582

斯く言う私も14年前。

社内システム導入を任され

各部から引き抜いた

若い社員を引き連れ

参拝したことがある。

私はこういうことは

気にしない性格だが

大金を設備投資するので

当時は気になっていたのだろう。

14年振りの参拝(御礼参り)だった。

800p1030644

【電電宮について】
電電宮は当法輪寺の鎮守社五社明神の一つである電電明神が奉祀(ほうし)されており、古来電電陰陽融合光源の徳を祖とした鎮守としてあがめられてきた。 今日で云う電気電波の祖神が祭祀(さいし)されている。同宮は幕末の兵火で消失したが、昭和四十四年電気電話関連業界の発展と繁栄を新たに祈願する趣旨から、新社殿の再興がなされて今日に至っている。 電力、電気電子、電波の発展は人類の生活文化向上に大きく貢献し、世界の平和と繁栄に不可欠なものであり、その祖神を奉祀する電電宮は広く電気、電波関係者より崇敬されている。

800p1030583

最近はこの神社を

「IT神社」と呼ぶそうだ。

御守りも「マイクロSD型」に

なっているのも面白い。

 

さて、今日(日曜)は

「松尾大社」に参拝したが

またの機会に記載する。

 

 Photo : Lumix TX1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法輪寺の新緑。2017 初夏(京都)

今日の散歩。

法輪寺へでかけた。

JR「嵯峨嵐山駅」から

20分ほど歩いた嵐山の山腹に

「法輪寺」(ほうりんじ)がある。

「渡月橋」を渡れば

5分ほどの距離だ。

800p1030659

「山門」からは

新緑に覆われた石段が見える。

800p1030666

長い石段を上がると

嵐山の新緑に覆われた本堂がある。

800p1030591

京都では

「十三まいり」の寺として有名なお寺だ。

【十三まいり】
古来より、数え年十三歳に成長した男女が、成人の儀礼として法輪寺に参拝した。十三歳の厄難を払い、智恵を授けられるように虚空蔵菩薩に祈願します。

800p1030609

先ずはガラガラと鰐口を鳴らし

「本堂」に御参りをした。

御本尊は「虚空蔵菩薩」(こくうぞうぼさつ)だ。

虚空蔵(こくうぞう)とは宇宙を意味するという。

お経もそうだが仏教の言葉には

広大な世界を意味するものが多い。

800p1030610

本堂前の山内には

高さ17mの「多宝塔」がある。

まだ新しい(昭和17年建立)「多宝塔」だ。

800p1030595

「多宝塔」を覆う

「楓」の緑が美しかった。

800p1030631

本堂東の茅葺きの門を出ると「舞台」がある。

「舞台」からは真下に渡月橋、嵯峨野が一望でき

遠くには大文字送り火も見える。

嵐山で京都を一望できる

展望スポットになっている。

800p1030598

境内には

狛犬ならぬ「駒牛」や「駒虎」があったり

『帰り道に振り返ってはいけない』という伝説もある。

ちょっと不思議なお寺だ。

800p1030587

【法輪寺】(ほうりんじ)
真言宗五智教団の京都本山で、和銅6年(713)、元明天皇の勅願により行基が創建した。天長6年(829)に、弘法大師(空海)の弟子・道昌が中興して、虚空蔵菩薩を安置し、貞観16年(874)には伽藍が整えられ、寺号を「葛井寺」から「法輪寺」に改めた。
本尊虚空蔵菩薩は、「嵯峨の虚空蔵さん」として親しまれ、智恵と福徳を授かるため、数えの十三歳の男女が全国から「十三まいり」に訪れる。
平安時代に清和天皇が廃針を納めた針堂を建立したことから、針供養が行われるほか、惟喬親王の故事により、漆寺としても知られる。
また、境内には電気・電波守護の電電宮社が祀られている。

800p1030674

なお、境内には

ちょっと変わった神社もあるが

後日の記載とする。

 

今日は

連日の暑さもやわらぎ涼しかったが

風が強く少し肌寒い一日だった。

 

 Photo : Lumix TX1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ