« 野宮神社に参拝。 2017 晩春(京都) | トップページ | 安倍晴明公墓所に参拝。2017 晩春(京都) »

大河内山荘の新緑。2017 晩春(京都)

今日の散歩。

「大河内山荘」へ出かけた。

JR「嵯峨嵐山駅」から

竹の数より人の数が多い

「竹林の道」を通り抜けると

20分ほどで「大河内山荘」に到着する。

800p1030170

大河内山荘(おおこうちさんそう)は

昔々時代劇などで知られた俳優大河内傳次郎が

別荘として造営した回遊式日本庭園だ。

800p1030291

映画出演料の大半を注ぎ込み

64歳で亡くなるまで30年の歳月をかけ

てこつこつと作り上げたそうだ。

大金の掛かるライフワークだ。

800p1030300

小倉山の南端に位置し

静かで見晴らしが良く

庭園を覆った新緑が美しかった。

800p1030350

園内の木陰は

嵯峨野にある

他の寺院とよく似た

緑の苔に覆われていた。

800p1030328

新緑の中の

春紅葉のコントラストが美しかった。

800p1030325

近くで鳴く

小鳥のさえずりが心地よかった。

800p1030332

東には

遠くに霞かかった比叡山や

その手前に「仁和寺」の五重塔が見えた。

800p1030373

西には

「桂川」対岸の

嵐山の岸壁に建つ

「大悲閣千光寺」が見える。

そのうちそのうちと思ってはいるが

なかなか行けないお寺だ。

800p1030361

園内には

近年傅次郎の五十回忌に

有縁の人々によって建てられた

「妙香庵」がある。

800p1030402
大河内傳次郎没後35年間

この山荘に住んだ傅次郎の妻

妙香の菩提所になっているということだ。

中では数人の

フランス語圏の観光客が

写経をしていた。

800p1030391
私も写経の真似事をし

庭を眺めながら

ゆったりとした時間を楽しんだ。

畳の上は気持ちが良かった。

800p1030396

【大河内 傳(伝)次郎】(おおこうち でんじろう、
1898年2月5日~1962年7月18日)

日本の映画俳優戦前を代表する時代劇スターの一人であり、阪東妻三郎、嵐寛寿郎、片岡千恵蔵、市川右太衛門、長谷川一夫とともに「時代劇六大スタア」と呼ばれた。

800p1030407
サイレント映画時代は、『忠次旅日記』『新版大岡政談』などの名作を生んだ。悲愴感ただよう演技とスピード感溢れる殺陣で、従来の時代劇スターの定型を破り、人気を不動のものとした。当たり役は丹下左膳で、トーキー時代の作品では地元の豊前訛りで「シェイハタンゲ、ナハシャゼン(姓は丹下、名は左膳)」と言う決めゼリフで人気を得た。戦後は大物の助演者として活躍した。
800p1030417

今日は暑くなる予報だったので

少し早く出かけたが

10時前には焼けるような

夏の日射しだった。

帰りに食べた

ソフトクリークが美味しかった。

明日も暑くなりそうなので

近場で済まそうと思う。

 

 Photo : Lumix TX1

|

« 野宮神社に参拝。 2017 晩春(京都) | トップページ | 安倍晴明公墓所に参拝。2017 晩春(京都) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566318/65305259

この記事へのトラックバック一覧です: 大河内山荘の新緑。2017 晩春(京都):

« 野宮神社に参拝。 2017 晩春(京都) | トップページ | 安倍晴明公墓所に参拝。2017 晩春(京都) »