« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

暮れの墓参り 2016(沼津)

暮れの墓参りにでかけた。

例年より遅くなってしまい

帰省のピークにあたってしまった。

下りの新幹線ホームは大混雑していたが

上りホームは通常の休日と同じ混み具合いだった。

三島で降車。

三島駅の乗換通路も

観光客と帰省客で混雑していた。

在来線に乗換え

沼津駅を出ると

薄い雲が空を覆い

吹く風も冷たく寒かった。

雲の隙間から

青空が見え隠れしているので

数時間後には青空が広がるだろう。

上土通りを駆け下り

「乗運寺」に到着。

800pc290004

境内は。

恒例の「除夜の鐘」の準備中で

何人かの庭職人さんが作業中だった。

本堂前の白梅は

蕾みが出揃っていた。

膨らんだ蕾も幾つかあるので

直に一輪二輪は咲くかも知れない。

800pc290009

墓地内は

墓掃除をする人

墓参りをする人で

二カ所ある水場も混雑していた。

毎年変わらぬ光景だ。

今年一年の感謝を込めて

年末のご挨拶(墓参)を済ませた。

800pc290011

墓参りの後は

千本浜へ向かった。

千本浜公園では

何時ものベンチで一休み。

見渡すと

枝打ち作業中で

まだ松の枝葉が

一面に広がっていた。

800pc290026

「銀杏」の落葉も終わり

黄色い絨毯が広がっていた。

何時もなら黄色い絨毯の上に

「山茶花」の紅い花弁が散り

ピンク色の絨毯が見られるのだが

今年は隣の「山茶花」が切り取られ

少し物足りない風景だった。

800pc290021

園内の梅林を見ると

「白梅」が咲き始めていた。

ここ数年遅かったが

やっと平年並に戻ったように思った。

800pc290017
千本浜は

数日前の低気圧による波で

波打ち際の形が少し変わっていた。

800pc290041
白く冠雪した富士山は

雲で見えなく残念だったが

子供達が波と戯れ

穏やかな千本浜だった。

何時もなら

小一時間海を眺めながら

のんびりするのだが

夕刻から所用があるので

早めに腰を上げることにした。

800pc290043

沼津駅へ向かう途中の

「浅間神社」は

周りを取り囲む提灯の

飾り付けは済み

境内も掃き清められ

正月準備が進められていた。

800pc290051

例年本殿前の灯籠脇に設けられていた

「古札納め所」の場所が

今年は社務所前に替わっていいた。

早くも

古札を納めに

参拝される方々を見かけた。

今納めてしまうと

新しい「御札」を授かるまで

神様不在になるのだが・・・。などなど

余計な心配をしてしまう。

800pc290052
帰りは仲見世経由で

ほさかの「「栗せん」を購入。

800pc290054

800pc290061

何時もより少し早い

昼の新幹線で帰路に就く。

800pc290063

             桃中軒の「清流うなぎ弁当」 と 「ぬまっちゃ」

 Photo : STYLUS1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青埴神社「枝垂れ楓」の紅葉2016(伊豆市)

「益山寺」参拝の帰路

「青埴神社」に寄った。

青埴神社(あおはに)は

伊豆市青羽根の「狩野ドーム」近くの

急峻な斜面に張り付けたように建てられている。

800pc090063

本殿に参拝。

振り返ると

紅葉した「枝垂れ楓」越しに

「狩野ドーム」が白く輝いていた。

800pc090061

本殿前の広場に

垂れ下がっているのが

「枝垂れ楓」(イロハカエデ)だ。

石垣の中段に植えられているので

このような姿に成長したのだろう。

毎年紅葉の時期には

異様な雰囲気に変貌する楓だ。

まるで外套を纏った生き物か

「トトロ」の「マント」だ。

800pc090054

既に見頃は過ぎ

鮮やかさは薄れていたが

それでも見応えのある紅葉だった。

紅葉が過ぎ

落葉が進むと

どことなく寂しさを感じるのは私だけだろうか。

800pc090060
【青埴神社の枝垂イロハカエデ】

このイロハカエデはカエデ科に属する落葉高木で

カエデ(広義)・モミジ・イロハモミジ・コバモミジ

・タカオモミジともいわれている。

樹齢は推定140~180年、枝垂れの高は7.7m

目通り1.88m、樹高4.5mで当地方最大のもの。

この木は、いまから100年以上前、地区の民家

にあったものが神社に寄進された。

昭和58年9月27日 県指定天然記念物

                        伊豆市

 

2015年12月1日の日記→ 青埴神社の「枝垂れ楓」2015(伊豆市)

2013年12月1日の日記→ 青埴神社「枝垂れ楓」の紅葉(伊豆市)

 Photo STYLUS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

益山寺「大楓」の紅葉2016(伊豆市)

「晩秋」の益山寺へ出かけた。

新幹線車内では

幾つものカレンダーを持った

挨拶回りらしき営業マンが目立った。

三島駅で降車。

長い乗換通路を歩き

駿豆線の券売機の前に立つと

手には既に大仁までの運賃450円を

握りしめていた自分に思わず笑った。

昨日のことは忘れるのに

郷のことは忘れないものだ。

800pc090003

大仁駅から

益山寺へ向かうと

途中の狩野川公園の銀杏は

既に落葉し冬ごもりに入っていた。

益山寺に到着。

境内を見渡すと

少し荒れているように思えた。

猪の仕業か石仏が一基倒れていた。

来るたびに猪の被害が増えてきたように感じた。

800pc090011

例年。

「大銀杏」の落葉が進んでから

「大楓」の「紅葉」が始まるが。

銀杏の落葉を見ると

まだ鮮やかさを残している。

今年は

「大銀杏」の「黄葉」と

「大楓」の「紅葉」が少し重なったようだ。

800pc090005

九百歳の仙人「大楓」は

今年も紅いオーラを放っていた。

紅葉と赤い幟旗と相俟って

境内が赤く染まっていた。

美しかった。

800pc090042

既に落葉が始まっている

やはり今年は一週間ほど早い。

修善寺の楓も

今年は見頃の期間が短いようだ。

「大楓」の見頃の期間も短いだろう。

800pc090030

突然

人の気配の無い境内に

鳥(百舌)の鳴き声が響いた。

異様な雰囲気の漂う境内だが

何か特別な力を授かるような気がした。

800pc090024

暦は「師走」だが

益山寺はまだ「晩秋」だった。

800pc090037

この後

「青埴神社」の垂れ楓が

まだ見頃だと聞いたので

青羽根へ向かうことにした。

   

【養伽山 益山寺】

 標高三百メートルの益山の上にある真言宗
 で、高野山の末寺である。空海の創建で、本
 尊の観世音菩薩はその自作であると伝えられ
 ている。寺には三島代官の寄進状や江川太郎
 左衛門の禁制文などが残っている。境内並び
 に参道には百体の観音の石仏があり、県内で
 も珍しい石仏群集地である。又幕末の剣客
 「直指一刀流居士」の墓及び県指定の大楓、
 市指定の大銀杏がある。

 大楓
 (昭和30年2月25日静岡県文化財指定)
 根回り:五.四六メートル
 目通り:四.〇五メートル
 樹齢 :八百六十位の県下最大の楓

 大銀杏
 目通り:五.三メートル
 樹高 :二十五.三メートル
 樹齢 :三百五十年~四百年

               伊豆市教育委員会

 

2015年12月19日の日記→益山寺「大楓」の紅葉2015(伊豆市)

2015年11月28日の日記→益山寺「大銀杏」の黄葉2015(伊豆市)

2015年10月24日の日記→清秋。益山寺へ出かけた。(伊豆市)

2014年12月13日の日記→益山寺「大楓」の紅葉2014(伊豆市)

2014年11月29日の日記→益山寺「大銀杏」の黄葉2014(伊豆市)

2014年10月12日の日記→仲秋の益山寺 2014(伊豆市)

2013年12月14日の日記→益山寺「大楓」の紅葉2013(伊豆市)

2013年11月29日の日記→益山寺「大銀杏」の黄葉2013(伊豆市)

2012年12月15日の日記→益山寺「大楓」の紅葉2012(伊豆市)

2012年11月30日の日記→益山寺「大銀杏」の黄葉2012(伊豆市)

2012年10月 6日の日記→初秋の益山寺(伊豆市)

2011年12月17日の日記→益山寺「大楓」の紅葉2011(伊豆市)

2011年11月25日の日記→益山寺「大銀杏」の黄葉2011(伊豆市)

2010年12月17日の日記→益山寺「大楓」の紅葉2010(修善寺)

 Photo STYLUS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の紅葉。2016

すでに12月。

会社のイベントや

急な用件でバタバタしていたら

あっという間に11月が過ぎてしまった。

今年も「益山寺」の「大銀杏」の「黄葉」を

観に行く予定でいたが

行けなくなってしまった。

毎年楽しみにしていたが

とても残念だ。

諸事片付いたが

伊豆までは行けそうもないので

近場の「南禅寺」(京都市)で

銀杏の「黄葉」を楽しんだ。

80020161203_133113

「南禅寺」の銀杏は

「益山寺」の大銀杏に比べ

葉が少し小さい。

種類の違いや環境の違いで

葉の大きさや色が違うようだ。

80020161203_133227

平日だったが

多くの人が訪れていた。

場所にもよるが

11月末には落葉も進み

今年の紅葉は終わりだろう。

80020161203_133941

さて。

12月に入り修善寺も

楓の落葉が始まったようだ。

今年は昨年に比べ一週間ほど早い。

修善寺の紅葉が終われば

「益山寺」の「大楓」の紅葉が見頃になる。

「益山寺」も

一週間ほど早くなるだろか。

タイミングが合えば

出かけることにする。

 

2015年12月19日の日記→益山寺「大楓」の紅葉2015(伊豆市)

2015年11月28日の日記→益山寺「大銀杏」の黄葉2015(伊豆市)

2015年10月24日の日記→清秋。益山寺へ出かけた。(伊豆市)

2014年12月13日の日記→益山寺「大楓」の紅葉2014(伊豆市)

2014年11月29日の日記→益山寺「大銀杏」の黄葉2014(伊豆市)

2014年10月12日の日記→仲秋の益山寺 2014(伊豆市)

2013年12月14日の日記→益山寺「大楓」の紅葉2013(伊豆市)

2013年11月29日の日記→益山寺「大銀杏」の黄葉2013(伊豆市)

2012年12月15日の日記→益山寺「大楓」の紅葉2012(伊豆市)

2012年11月30日の日記→益山寺「大銀杏」の黄葉2012(伊豆市)

2012年10月 6日の日記→初秋の益山寺(伊豆市)

2011年12月17日の日記→益山寺「大楓」の紅葉2011(伊豆市)

2011年11月25日の日記→益山寺「大銀杏」の黄葉2011(伊豆市)

2010年12月17日の日記→益山寺「大楓」の紅葉2010(修善寺)

 Photo STYLUS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »