« 青埴神社「枝垂れ楓」の紅葉2016(伊豆市) | トップページ | 初詣 2017(沼津浅間神社) »

暮れの墓参り 2016(沼津)

暮れの墓参りにでかけた。

例年より遅くなってしまい

帰省のピークにあたってしまった。

下りの新幹線ホームは大混雑していたが

上りホームは通常の休日と同じ混み具合いだった。

三島で降車。

三島駅の乗換通路も

観光客と帰省客で混雑していた。

在来線に乗換え

沼津駅を出ると

薄い雲が空を覆い

吹く風も冷たく寒かった。

雲の隙間から

青空が見え隠れしているので

数時間後には青空が広がるだろう。

上土通りを駆け下り

「乗運寺」に到着。

800pc290004

境内は。

恒例の「除夜の鐘」の準備中で

何人かの庭職人さんが作業中だった。

本堂前の白梅は

蕾みが出揃っていた。

膨らんだ蕾も幾つかあるので

直に一輪二輪は咲くかも知れない。

800pc290009

墓地内は

墓掃除をする人

墓参りをする人で

二カ所ある水場も混雑していた。

毎年変わらぬ光景だ。

今年一年の感謝を込めて

年末のご挨拶(墓参)を済ませた。

800pc290011

墓参りの後は

千本浜へ向かった。

千本浜公園では

何時ものベンチで一休み。

見渡すと

枝打ち作業中で

まだ松の枝葉が

一面に広がっていた。

800pc290026

「銀杏」の落葉も終わり

黄色い絨毯が広がっていた。

何時もなら黄色い絨毯の上に

「山茶花」の紅い花弁が散り

ピンク色の絨毯が見られるのだが

今年は隣の「山茶花」が切り取られ

少し物足りない風景だった。

800pc290021

園内の梅林を見ると

「白梅」が咲き始めていた。

ここ数年遅かったが

やっと平年並に戻ったように思った。

800pc290017
千本浜は

数日前の低気圧による波で

波打ち際の形が少し変わっていた。

800pc290041
白く冠雪した富士山は

雲で見えなく残念だったが

子供達が波と戯れ

穏やかな千本浜だった。

何時もなら

小一時間海を眺めながら

のんびりするのだが

夕刻から所用があるので

早めに腰を上げることにした。

800pc290043

沼津駅へ向かう途中の

「浅間神社」は

周りを取り囲む提灯の

飾り付けは済み

境内も掃き清められ

正月準備が進められていた。

800pc290051

例年本殿前の灯籠脇に設けられていた

「古札納め所」の場所が

今年は社務所前に替わっていいた。

早くも

古札を納めに

参拝される方々を見かけた。

今納めてしまうと

新しい「御札」を授かるまで

神様不在になるのだが・・・。などなど

余計な心配をしてしまう。

800pc290052
帰りは仲見世経由で

ほさかの「「栗せん」を購入。

800pc290054

800pc290061

何時もより少し早い

昼の新幹線で帰路に就く。

800pc290063

             桃中軒の「清流うなぎ弁当」 と 「ぬまっちゃ」

 Photo : STYLUS1

|

« 青埴神社「枝垂れ楓」の紅葉2016(伊豆市) | トップページ | 初詣 2017(沼津浅間神社) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566318/64691650

この記事へのトラックバック一覧です: 暮れの墓参り 2016(沼津):

« 青埴神社「枝垂れ楓」の紅葉2016(伊豆市) | トップページ | 初詣 2017(沼津浅間神社) »