« 確定申告をした。2016(郵送) | トップページ | 浅春。沼津へでかけた。2016 »

「寿太郎みかん」を買った。2016

西浦の「寿太郎みかん」を買った。

「寿太郎みかん」とは

伊豆半島西海岸の西浦地区(沼津市西浦)で

栽培される「青島温州みかん」の変種で

濃厚な味わいがする高級ミカンだ。

  西浦みかん - 特産品|JAなんすん

「貯蔵期間」を経た

2月中旬になると

出荷が始まるが

静岡県以西では

店頭に並ぶことは少ない。

最近は西浦以外でも生産されているが

やはり本場の西浦「寿太郎みかん」が勝っている。

800p2250006

帰宅時

駅の改札を抜け

駐車場へ向かう経路に

通勤客目当てのスーパーがある。

何時も混雑しているので寄ることはないが

何となく吸い込まれるように店内に入った。

これといった買いたい物も無く

店を出ようと果物売り場へ回ると

何種類もの「みかん」の上段に

「寿太郎みかん」の「ラベル」を発見。

手に取り本物かと「ラベル」を確認したが

確かに西浦の「寿太郎みかん」だった。

Sサイズしか無かったが

迷わず4パック購入。

帰宅して早速食べた。

故郷の香りがした。

嬉しかった。

今月は何かと忙しく

沼津へ行けなかったが

3月に入ったら

出かけようと思った。

800p2250010

  2015年2月22日の日記→「寿太郎みかん」を買った。2015

  2013年2月21日の日記→「寿太郎みかん」を買った。2013

 

【西浦みかんの歴史】(静岡県沼津市西浦)

 1684頃(貞享元年) 西浦河内、木負より西、久料に至る数村に小ミカンが

              栽培されている。

 1716頃(享保元年) 難破し西浦木負に流れ着いた九州の漁船を介抱した

              返礼に船内にあった小ミカン数個をもらった。

              その後播種して苗木を増やしたと伝えられている。

 1820(文政3年)   西浦に温州ミカンが導入される。

 1881(明治14年)   西浦・内浦で温州ミカンの本格的栽培が始まる。

 1943(昭和18年)   東京神田の問屋にミカン出荷を始める。

 1959(昭和34年)   荷造り容器が木箱からダンボール箱に変わる。

 1975(昭和50年)   「青島温州」の枝変わり「寿太郎温州」が

              山田寿太郎(西浦 久連)によって発見される。

 1983(昭和58年)  「寿太郎温州」が品種登録される。

 2007(平成19年)  「寿太郎温州」が高値安定状態となり販売単価は

              全国でも1~2位の高級ミカンとなった。

 

 Photo : STYLUS1

|

« 確定申告をした。2016(郵送) | トップページ | 浅春。沼津へでかけた。2016 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566318/63263137

この記事へのトラックバック一覧です: 「寿太郎みかん」を買った。2016:

« 確定申告をした。2016(郵送) | トップページ | 浅春。沼津へでかけた。2016 »