« 半年点検/102ヵ月(Alfa Brera Q4/Qt) | トップページ | 清秋。沼津へでかけた。 »

清秋。益山寺へ出かけた。(伊豆市)

堀切の「益山寺」へ出かけた。

修善寺で「山葵漬け」を買うつもりで出かけたが

途中で気が変わり「益山寺」に寄ってみることにした。

山間の「益山寺」は風も無く

差し込む日差しが眩しかった。

800pa230067

石段上で堂々と構える「大銀杏」は

気のせいか少し色づいてきたようにみえた。

800pa230025

「大楓」の前にあった大木が

切り倒され「大楓」の見通しが良くなったが

何も影響が無いと良いのだが。

例年早い石段上の楓は少し色づいてきた。

まだまだだろうと思っていた

九百歳の仙人「大楓」はよく見ると

枝先がほんのり色づいてきたようだ。

800pa230045

「大銀杏」も「大楓」も

このところの冷え込みによる

影響なのか昨年より早く思える。

その一方で

今年の修善寺公園の紅葉情報を見ると

昨年より1週間ほど遅い予想だ。

果たして今年の見頃は何時だろうか。

修善寺の紅葉の進み具合を注視しながら

予定を立ててみたいと思う。

800pa230039

今日も人の気配のない境内には

「大楓」の放つ妖しいオーラが漂い

異様な雰囲気さえ感じるが

何か癒やされるパワースポットだ。

800pa230037

【養伽山 益山寺】

 標高三百メートルの益山の上にある真言宗
 で、高野山の末寺である。空海の創建で、本
 尊の観世音菩薩はその自作であると伝えられ
 ている。寺には三島代官の寄進状や江川太郎
 左衛門の禁制文などが残っている。境内並び
 に参道には百体の観音の石仏があり、県内で
 も珍しい石仏群集地である。又幕末の剣客
 「直指一刀流居士」の墓及び県指定の大楓、
 市指定の大銀杏がある。

 大楓
 (昭和30年2月25日静岡県文化財指定)
 根回り:五.四六メートル
 目通り:四.〇五メートル
 樹齢 :八百六十位の県下最大の楓

 大銀杏
 目通り:五.三メートル
 樹高 :二十五.三メートル
 樹齢 :三百五十年~四百年

               伊豆市教育委員会

2014年12月13日の日記→益山寺「大楓」の紅葉2014(伊豆市)

2014年11月29日の日記→益山寺「大銀杏」の黄葉2014(伊豆市)

2014年10月12日の日記→仲秋の益山寺 2014(伊豆市)

2013年12月14日の日記→益山寺「大楓」の紅葉2013(伊豆市)

2013年11月29日の日記→益山寺「大銀杏」の黄葉2013(伊豆市)

2012年12月15日の日記→益山寺「大楓」の紅葉2012(伊豆市)

2012年11月30日の日記→益山寺「大銀杏」の黄葉2012(伊豆市)

2012年10月 6日の日記→初秋の益山寺(伊豆市)

2011年12月17日の日記→益山寺「大楓」の紅葉2011(伊豆市)

2011年11月25日の日記→益山寺「大銀杏」の黄葉2011(伊豆市)

2010年12月17日の日記→益山寺「大楓」の紅葉2010(修善寺)

2010年12月18日の日記→益山寺の参道と石仏達(伊豆市)

2010年10月24日の日記→益山寺の石段と巨木と石仏達(伊豆市)

 Photo STYLUS

|

« 半年点検/102ヵ月(Alfa Brera Q4/Qt) | トップページ | 清秋。沼津へでかけた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566318/62538014

この記事へのトラックバック一覧です: 清秋。益山寺へ出かけた。(伊豆市):

« 半年点検/102ヵ月(Alfa Brera Q4/Qt) | トップページ | 清秋。沼津へでかけた。 »