« 庭のサクランボ 2015(西洋実桜) | トップページ | 新幹線。 »

風薫る沼津へでかけた。(2015年)

沼津へでかけた。

はっきりしない天気で

気温は高くはなかったが

歩き出すと少し汗ばむほどだった。

800p5220001

「乗運寺」山門を入ると

木槿の新芽が出揃い

境内の木々も季節が進み

新緑から深緑へ変わり始めていた。

800p5220008

藤の花は終わってしまったが

今は「紫陽花」が咲き始めていた。

800p5220006

 

800p5220007

六月になれば

10数種類ほどの

「紫陽花」が楽しめる。

株数は少ないので見応えはないが

種類を楽しむには良いだろう。

800p5220027

 

800p5220015

その頃には

若山家(牧水)墓地前の「金糸梅」や

本堂や墓地内の「蓮」の花が咲き始め

色とりどりの境内になることだろう。

800p5220028

 

800p5220024

花を楽しみながら

墓参りを済ませ

千本浜へ向かった。

800p5220031

千本浜公園では

何時ものベンチで一休み。

ここに座って

薄れたかけた

遠い記憶を思い出しながら

ぼーっとするのが私は好きだ。

800p5220065

松林の間から

懐かしい顔が

ひょっこり現れるような気がして

つい長居をしてしまう。

800p5220048

千本浜は

吹く風も

心地よく

夏の薫りが漂っていた。

800p5220061

帰りは沼津駅で

「都まんじゅう」と駅弁を購入

昼過ぎの新幹線で帰路に就く。

800p5220076

                 桃中軒の「ぶたのみそ仕込み弁当」 と 「ぬまっちゃ」

 Photo : STYLUS1

|

« 庭のサクランボ 2015(西洋実桜) | トップページ | 新幹線。 »

コメント

数年前から時折の更新を楽しみにしています。私は大仁で育ちました。膝を打つような懐かしい風景や商品、思い出のありように共感することが多く、伊豆に暮らした日々よりも、こちら(横浜です)での年月が長くなってしまった今、小生様のたびたびの里帰りを羨ましく思ってます。これからも郷愁あふれる記事をよろしくお願いいたします。

投稿: よぴ | 2015年5月24日 (日) 20時13分

よぴ様
ありがとうございます。
少年の頃、
夏休みは大仁で過ごしていました。
あの東洋(醸造)の匂いは今でも忘れられません。
懐かしいです。

投稿: 小生 | 2015年5月25日 (月) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566318/61631550

この記事へのトラックバック一覧です: 風薫る沼津へでかけた。(2015年):

« 庭のサクランボ 2015(西洋実桜) | トップページ | 新幹線。 »