« 昔のお菓子(ビスコ) | トップページ | 庭のサクランボ 2015(西洋実桜) »

見目神社へでかけた。(三島)

三島市佐野の「見目神社(みるめ)」へでかけた。

昨年「耳石神社(みみいし)」へでかけたが

  2014年5月17日の日記→耳石神社へでかけた。(三島)

「耳」の次は「目」だろうと

今度は「見目神社」へでかけた。

800p5050003

御殿場線の裾野駅から

曲がりくねった道を南東へ20分程歩くと

裾野市と三島市の境界付近の山麓に「見目神社」がある。

近くを流れる「境川」が市の境界線のようだ。

この「境川」は下流で「大場川」となり

「三嶋大社」を経て「狩野川」へ流れ込む一級河川だ。

「三嶋大社」にも「見目神社」があるが

この「見目神社」は、「三嶋大社」の摂社で

祭神は三嶋大神(みしまのおおかみ)の妃(きさき)

六柱を祀っている。

ん?

と言うことは

6人も奥さんが居たわけだ。

三嶋大神の財力と忍耐力が羨ましい。

800p5050008

案内板によれば、創建時は山上に鎮座していたが

天正十八年(1590)豊臣秀吉が小田原の北条氏政を攻めた際

兵火にあって焼失したため寛永十年(1633)現在地に遷座したという。

御祭神の波布比売命、久爾都比咩命、伊賀牟比咩命

佐伎多麻比咩命、伊波乃比咩命、優波夷命が

三嶋神の后神6柱で、総称して「見目6柱」ともいわれるそうだ。

800p5050013

私は「見目」とは「神の目」とか「神通力」とか

いわゆる「ピラミッドアイ」的な意味合いを想像していたが

「見目(みめ)」=「御妃(みめ)」を意味するともいわれるらしい。

800p5050020

拝殿前の左手に卵形の石がある。

境内にある福石神社のご神体で

福石(ふくいし)と呼ばれている。

この神様にお百度参りした後

『軽く石を持ち上げることができたら

願いが叶う』という伝説があるようだ。

現在は福石をなでると福が授かると言われている。

私も、「目」に因んで

「老眼が緩和されますように」と

願いを込めて福石をなでてみた。

御利益があれば良いのだが。

800p5050018

境内の石段を上がったところに

姿の良いスタジイの巨木が立っている。

歴史を物語るような巨木だ。

秀吉の軍勢がこの木の下で暫し休息したことだろう。

私も暫し休息。

日差しが強い日だったが

木陰に吹く風は涼しく心地よかった。

800p5050010

 和名  スタジイ(イタジイ)。

 根周り 不明

 目通し 6.7m

 樹高  24m

 樹齢 550年(推定)

 三島市保存木

800p5050037

  【見 目 神 社】(みるめじんじゃ)

  鎮座地 三島市佐野一番地
  御祭神 波布比売命(はふひめのみこと)
        他五柱
  例祭日 十月十五日

      由  緒
    創建の年代は詳かではない。
  最初山上に御鎮座していたが、天
  正十八年(1590)、豊臣秀吉
  が北条氏政を小田原に攻むる際、
  兵火に会い焼失したため、寛永十
  年(1633)、社を現在の麓に
  遷座した。
    この神社は、除災招福の神とし
  て信仰を集め、末社に福石と云う
  信仰の篤い石が祀られていて、そ
  の福石をなでると福が授かるとい
  う信仰がある。

800p5050016

【メモ】

久し振りに乗った御殿場線。

自分でボタンを押せばドアが開く

ワンマンカーが楽しかった。

また乗ってみたいと思う。

800p5050040

既に幹線では見られなくなった

駅構内乗り換え用踏切がまだあった。

駿豆線やローカル私鉄にはまだあるが

JRでは殆どお目にかかれない懐かしい光景だった。

800p5050039

 

 Photo : STYLUS1

|

« 昔のお菓子(ビスコ) | トップページ | 庭のサクランボ 2015(西洋実桜) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566318/61543249

この記事へのトラックバック一覧です: 見目神社へでかけた。(三島):

« 昔のお菓子(ビスコ) | トップページ | 庭のサクランボ 2015(西洋実桜) »