« お盆の墓参り。2014(沼津) | トップページ | マンホールの蓋(沼津市) »

昔よく飲まされた薬があった。(ビオフェルミン)

少年の頃

夏休みになると

よくお腹を壊すことがあった。

夏は水をがぶ飲みしたり

寝冷えをしたことが原因だったのだろう。

私が寝る前や出かける前になると

決まって「ビオフェルミン」という整腸剤を

母や祖母が(やや強制的だったが)飲ませてくれた。

「ビオフェルミン」は

私が生まれる前からあった薬で

当時は子供の「下痢止め」の薬として

子供の居る家庭には必ずあったという。

800bioferumin_3

                        (昭和25年の広告)

最近、駅の薬屋で見つけ

「まだあったのか」と懐かしく

手にとって眺めてみた。

主成分が「乳酸菌」で子供でも飲み易く

副作用が無かったことが

長年製造され続けた理由だったかもしれない。

800p8090003

私は、ここ数十年はお腹の調子は良かったが

最近は運動不足のせいか

年齢のせいか便秘気味なので

50年以上振りに飲んでみることにした。

まだ飲み始めて2週間ほどだが

確かに効果があるようだ。

子供の頃お世話になった薬に

再びお世話になるとは思いもしなかった。

 

|

« お盆の墓参り。2014(沼津) | トップページ | マンホールの蓋(沼津市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566318/60123061

この記事へのトラックバック一覧です: 昔よく飲まされた薬があった。(ビオフェルミン):

« お盆の墓参り。2014(沼津) | トップページ | マンホールの蓋(沼津市) »