« 梅雨の合間に沼津へ出かけた。 | トップページ | 35年前のコンパクトカメラ(OLYMPUS XA) »

沼津駅の地下通路

少年の頃(昭和20~30年代)

乗り物といえば船(竜宮丸)かバス、

それと ちんちん電車(駿豆鉄道島津線)で

汽車はせいぜい年に一度か二度位だった。

港町、沼津の街中では

船のエンジン音、ちんちん電車の音や

駅から蒸気機関車の短い汽笛が聞こえ

浜の匂いや魚を加工する匂いが漂い

駅前繁華街では流行歌が流れ

お菓子を焼くような甘い匂いが漂っていたが

沼津駅に入ると、

電車や蒸気機関車の音と匂いに

一瞬に掻き消され

まるで遠くの駅へ行ったようだった。

800p6301188

沼津駅には乗り換え「跨線橋」と「地下通路」があった。

静岡駅でも「跨線橋」しかなかった時代だが

沼津駅は東海道線の拠点駅で

列車の入れ替え作業が頻繁に行われ

旅客の安全のためということもあるが

沼津御用邸があったことが主な理由だろう。

800p4280093

両陛下や皇室の方々が御通りになった

白いタイル張りの立派な「地下通路」は

当時は東京駅くらいしかなかった。

800p4280092

改札から階段で「地下通路」へ降りたところに

桃中軒の立ち食い蕎麦屋か土産物店があった。

正月などの冬の寒い日には

沢山の旅行者が

床に敷いた新聞紙や風呂敷に座り

列車の時間待ちをしていた。

etc・・・・・。

今も度々利用する沼津駅だが

「ホーム」も「地下通路」も

少年の頃と殆ど変わりはない。

思い出が詰まった沼津駅だ。

800p4280095

一時停滞していた「高架化」の話も

近頃新聞に掲載されるようになった。

高架になればこの「ホーム上屋」も「地下通路」も

撤去されることになるのだが恐らく保存という

選択肢が発生するだろう。

「ホーム上屋」は解体し保存場所へ移設すれば済むことだが

「地下通路」は現在のまま保存するしか方法がないだろう。

保存するとすれば高架橋の柱が

「地下通路」を跨ぐ設計にする必要がある。

設計がが完了してからでは不可能となるので

「地下通路」保存を前提に高架化の計画を

行なう必要があるだろう。

 Photo : STYLUS1

|

« 梅雨の合間に沼津へ出かけた。 | トップページ | 35年前のコンパクトカメラ(OLYMPUS XA) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566318/59856183

この記事へのトラックバック一覧です: 沼津駅の地下通路:

« 梅雨の合間に沼津へ出かけた。 | トップページ | 35年前のコンパクトカメラ(OLYMPUS XA) »