« 惑わされた「夜のお菓子」 | トップページ | 昔の地図には少年の頃の思い出が埋もれていた。 »

「旧三津坂隧道」は「長瀬隧道」だった。

三津(沼津市)から長岡(伊豆の国市)に至る県道130号に

昭和36年完成の「三津坂隧道」がある。

800dscn1571

その直上の山中に

今は廃道となった旧トンネルが長い眠りについている。

「天城山隧道」(通称:旧天城隧道)より8年古く

明治29年(1896)に完成した「重要文化財級」のトンネルだ。

現在この旧トンネルは「旧三津坂隧道」と呼ばれている。

「旧三津坂隧道」と呼ばれ始めたのは平成15年4月発行の

静岡新聞に掲載されたのが始まりのようだ。

  ※数年前の静岡県観光PR誌でも

         「三津の旧トンネル」と記載している。

ここでいう、「旧三津坂隧道」を直読すると

旧トンネルの正式名は現在のトンネルと「同名」の

「三津坂隧道」ということになるのだが。

私はこの名称には疑問をもっている。

640dscn1528

現在のトンネル名は「三津坂隧道」だが

旧トンネルに併設して新トンネルを追加したり

旧トンネルを新トンネルに取替えたりする場合

新トンネルには旧トンネルの名称を襲名し

頭に(新)を付けるのが通例だ。

旧トンネル名が「三津坂隧道」だったとすれば

現在のトンネル名は「新三津坂隧道」となるはずだ。

8001326
旧トンネルも隈なく観察してみたが

トンネル名が記された「扁額」も

「銘板」も設置されてはいなかった。

「無名」のトンネルだったのだろうか。

だとすれば、現在の「三津坂隧道」に対して

旧トンネルを「旧三津坂隧道」と仮称しているのもうなずける話だが。

800dscn1531

少年の頃。(昭和20年代~30年代)

この旧トンネルはよく通ったが

当時はトンネルの名称など興味もなく

小さなバスがギリギリ通り抜ける

「小さなトンネル」という認識しかなかった。

微かな記憶では(危うい記憶だが)

当時、私の周りの大人達の会話の中で

「三津のトンネル」とか「長岡のトンネル」とか

「長瀬のトンネル」とか呼んでいたような気がするが

「三津坂トンネル」或いは「三津坂隧道」と呼ばれていた記憶は無かった。

91

記憶を頼りに古い資料を探してみたが

見つけることはできず真相は不明だったが

最近、58年前の古い地図(昭和31年発行)に

「長瀬トンネル」と記されているのを発見した。

800img_20140529_00010

この辺りに他にトンネルは無いので

旧トンネルのことを指すことは明らかだ。

地図の編集者が、「無名」のトンネルに便宜上(地名から)

「長瀬トンネル」と記載したとも考えられなくもないが、海岸

沿いの国道414号に連なる幾つもの「無名」のトンネルには

トンネル名称は記されていないので、その可能性は低いと言えよう。

800img_20140529_0001

それに地図の性質上、観光地名等を追加することはあっても

ベースとなる地形・地名・施設名等は建設省地理調査所

(現国土地理院)の地図と資料を複製し監修を受けてい

るので信頼性は高いといえる。

やっぱり「旧三津坂隧道」には「別名」があったのだ。

800img_20140529_0003

ただ、これを裏付ける資料はまだないので

結論付けることはできないが

これを覆す資料もまだないことから

通称「旧三津坂隧道」には

「長瀬隧道」という別名(正式名)があった。ということになる。

  ※「長瀬トンネル」を当時の公式表記に書き直すと

    旧トンネルの正式名は「長瀬隧道」となる。

  

「長瀬隧道」が正式名であったか否かは

もう少し掘り下げて調べた方が良いのだが

公文書の調査は私の範疇ではない。

昔 東海自動車が発行していた「伊豆だより」という

小冊子にも掲載されていたような気がするので

そのうち母の実家で探してみたいと思う。

 2013.07.21の日記→昔「旧三津坂隧道」にバスが通っていた。

 2010.09.12の日記→東海自動車の乗車券(昭和32年頃)

 2010.08.21の日記→再び旧三津坂隧道を訪ねた(一瞬海が見える場所)

 2010.06.12の日記→旧三津坂隧道を訪ねてみた(少年の頃の記憶)

-------------------------------------------------------------

【メモ】

当時のトンネルは公式には「隧道」と表記されたが

一般の書籍・地図では「トンネル」と表記することが多い。

-------------------------------------------------------------

【2010年のメモ】

〇現在のトンネル名「三津坂隧道」から考察すると。

  旧トンネル名は

    ①「同名」 (三津坂隧道)

    ②「無名」 (無名でも管理できた
            或いは無名にせざるを得なかった)

    ③「別名」 (何らかの理由で抹消
            或いは忘れられた)

                            となる。

  ①「同名」。

    同名だという資料はない。

    他の例として新旧トンネルが同名のトンネルは稀にあるが

    何れも旧トンネル名が明らかなケースだ。

  ②「無名」。

    トンネルに名前を付ける目的は、利用者向けの愛称・利便性という

    意味合いもあるが、主目的は管理上の便宜のためだ、村に1箇所

    なら「無名」でも構わない。

    また、このトンネルは内浦村(現沼津市)と川西村(現伊豆の国市)が

    共同起業者として建設したもので、お互いトンネル名で揉めること

    のないよう「無名」としたとも考えられなくもない。

  ③「別名」。

    資料がない。

〇可能性のある資料

  ・県道130号(伊豆長岡三津線)関係資料

    県道編入 1960年(昭和35年)4月1日

  ・村史

    内浦村、川西村

  ・伊豆だより(昭和13年4月20日創刊)

    昭和10年代~30年代

|

« 惑わされた「夜のお菓子」 | トップページ | 昔の地図には少年の頃の思い出が埋もれていた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566318/59707828

この記事へのトラックバック一覧です: 「旧三津坂隧道」は「長瀬隧道」だった。:

« 惑わされた「夜のお菓子」 | トップページ | 昔の地図には少年の頃の思い出が埋もれていた。 »