« 修禅寺「奥の院」の黄葉2013(伊豆市) | トップページ | 益山寺「大楓」の紅葉2013(伊豆市) »

青埴神社の「枝垂れ楓」の紅葉(伊豆市)

青埴神社の「枝垂れ楓(イロハカエデ)」を観にでかけた。

青羽根の青埴神社(あおはにじんじゃ)には

一度寄ってみたいと思ってはいたが

不便な場所にあるので

つい先延ばしにしていた。 

下田街道から龍爪神社(りゅうそじんじゃ)の

急峻な細い参道を100m程登ると青埴神社がある。

鳥居をくぐり境内広場に入るといきなり

大きな「枝垂れ楓」が目に飛び込んでくる。

640pb293359

姿形は「枝垂れ桜」のように

枝葉が枝垂れた楓だ。

まるで生き物のような

異様な迫力がある。。

640pb293328

盆栽植えや小さな「枝垂れ楓」は

あちこちで見ることはあるが

これ程大きな「枝垂れ楓」は珍しい。

樹齢は推定140~180年

枝垂れの長さは7~8m程度だろうか。

640pb293352

本殿石垣の中段に植えられているので

このような姿に成長したのだろう。

見事な「枝垂れ楓」だ。

640pb293326

見頃には少し早いので

まだ暫く楽しめるだろう。

640pb293325

【青埴神社の枝垂イロハカエデ】

このイロハカエデはカエデ科に属する落葉高木で

カエデ(広義)・モミジ・イロハモミジ・コバモミジ

・タカオモミジともいわれます。

樹齢は推定140~180年、枝垂れの高は7.7m

目通り1.88m、樹高4.5mで当地方最大のものです。

紅葉の時期は多種より少し遅いが、その枝葉には

四季それぞれの趣があります。

この木は、いまから100年以上まえ、それまで地区

の民家にあったものが神社に寄進されたもので

天然記念物に指定されるまでは、子どもたちの格好

の遊び場として、樹上によじ登ったり、枝にぶら下が

ったりと大変に親しまれてきたということです。

昭和58年9月27日 県指定天然記念物

                           伊豆市

 

 Photo : XZ-1

|

« 修禅寺「奥の院」の黄葉2013(伊豆市) | トップページ | 益山寺「大楓」の紅葉2013(伊豆市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566318/58669329

この記事へのトラックバック一覧です: 青埴神社の「枝垂れ楓」の紅葉(伊豆市):

« 修禅寺「奥の院」の黄葉2013(伊豆市) | トップページ | 益山寺「大楓」の紅葉2013(伊豆市) »