« スカパーのチューナーを取り換えた。 | トップページ | 松月院の桜2013早春(伊東) »

寿太郎ミカンを買った。

近くのスーパーで「寿太郎ミカン」を買った。

まさか近所で「寿太郎ミカン」が買えるとは

思ってもいなかったので少し嬉しかった。

私の住んでいる地方で通常売っているミカンといえば

三ヶ日ミカン(静岡)蒲郡ミカン(愛知)紀州ミカン(和歌山)くらいで

いままで「寿太郎ミカン」など西浦のミカンは見たことがなかった。

「寿太郎ミカン」(正式名「寿太郎温州ミカン」)は近年発見された

「青島温州ミカン」の変異種で沼津市の西浦地区(伊豆半島)で

栽培されている。

殆どが静岡県東部と首都圏へ出荷されるので

今私の住んでいる静岡県以西の人達は恐らく知らないだろう。

甘くて程良い酸味で風味が濃く美味しいミカンで

今では日本一の高級ミカンと言われている。

640p2202295

少年の頃、ミカンといえば「西浦ミカン」だった。

(昔は西浦地区で栽培されているものは全て「西浦ミカン」といった。)

他のミカンは酸っぱくて食べなかったが

「西浦ミカン」は甘くて好きだった。

沼津を離れてからも

毎年、叔父や叔母が「西浦ミカン」を送ってくれた。

出荷時期になると何時も一斉に送ってくるので

我が家の玄関には「西浦」と印刷されたミカン箱が

何時も3~4個積まれていた。

我が家だけで食べられる訳でもないので

近所に配っていたが10数年前途絶えてしまった。

そんな思い出もある「西浦ミカン」だ。

 
 

【西浦みかんの歴史】(静岡県沼津市西浦)

 1684頃(貞享元年) 西浦河内、木負より西、久料に至る数村に小ミカンが

              栽培されている。

 1716頃(享保元年) 難破し西浦木負に流れ着いた九州の漁船を介抱した

              返礼に船内にあった小ミカン数個をもらった。

              その後播種して苗木を増やしたと伝えられている。

 1820(文政3年)   西浦に温州ミカンが導入される。

 1881(明治14年)   西浦・内浦で温州ミカンの本格的栽培が始まる。

 1943(昭和18年)   東京神田の問屋にミカン出荷を始める。

 1959(昭和34年)   荷造り容器が木箱からダンボール箱に変わる。

 1975(昭和50年)   「青島温州」の枝変わり「寿太郎温州」が

              山田寿太郎(西浦 久連)によって発見される。

 1983(昭和58年)  「寿太郎温州」が品種登録される。

 2007(平成19年)  「寿太郎温州」が高値安定状態となり販売単価は

              全国でも1~2位の高級ミカンとなった。

  Photo : XZ-1

|

« スカパーのチューナーを取り換えた。 | トップページ | 松月院の桜2013早春(伊東) »

コメント

こんにちは。沼津に住んでいます。
検索してヒットした先にこの日記があり、身近な話題満載で引き込まれてしまいました。
すご~く些細な事で申し訳無いのですが気になるのでお伝えします。
山田寿太郎さんは西浦「久連」の方です。変換間違いだと思いますが訂正よろしくお願いします。
      ごきげんよう さようなら

投稿: ふみえ | 2014年8月26日 (火) 16時57分

ふみえ様
気付きませんでした。
有り難うございました。

投稿: 小生 | 2014年8月26日 (火) 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566318/56806293

この記事へのトラックバック一覧です: 寿太郎ミカンを買った。:

« スカパーのチューナーを取り換えた。 | トップページ | 松月院の桜2013早春(伊東) »