« 狩野川から千本浜へ(沼津) | トップページ | 浅間神社の輪くぐりさん(沼津) »

最近のテレビは寿命が短い。

地上デジタルテレビ放送が開始され8年半だが

我が家の地デジテレビは既に3台目になった。

1台目は放送開始に合わせ2003年12月に

購入したプラズマテレビだった。

これは国内生産品だったが5年で故障した。

2台目は2009年3月に購入した液晶テレビだが

中国生産品のせいか3年で故障した。

オール国産時代のテレビは短くても7~8年は使用できた。

今の税法上の法定耐用年数でも5年だ。

知人に聞いても中国・韓国生産品は寿命が短いと言う。

メーカーは品質管理は万全だと言うが

中国工場や中国部品メーカーを細かく「管理できない」のだろう。

今の3台目も2012年4月に購入した液晶テレビだが

これも中国生産品だ。

我が家では大型家電は近所の「電気屋さん」で購入するためか

国内生産品を選ぶのは難しい。

640r0011753

「口に入るもの」「肌に触れるもの」は国産品や

信頼できる国のものを購入しているが

電化製品の国産品の選択肢は少なくなった。

中国・韓国製で価格は安くなったがライフサイクルで

考えると逆に高くなるのではないだろうか。

価格は多少高くなっても良いから

国産品を多種販売して欲しいものだ。

|

« 狩野川から千本浜へ(沼津) | トップページ | 浅間神社の輪くぐりさん(沼津) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566318/54952046

この記事へのトラックバック一覧です: 最近のテレビは寿命が短い。:

« 狩野川から千本浜へ(沼津) | トップページ | 浅間神社の輪くぐりさん(沼津) »