« OLYMPUS XZ-1を購入 | トップページ | 夏の終わりに(沼津) »

XZ-1使ってみた(コンパクトデジカメ)

先週購入した 「OLYMPUS XZ-1」を使ってみた。

 9/3の日記→OLYMPUS XZ-1を購入

光学ズームと老眼対策としてファインダーが取り付けられるコンパクト

カメラとして購入した「XZ-1」だが、慣れないと色々不都合があった。

 1.レンズを手で掴んでしまった

   「GR DIGITALⅢ」には、レンズキャップが内蔵されていたので

   気にしたことは無かったが 「XZ-1」はレンズキャップが外付け

   のためキャップを付け忘れるとレンズを手で掴んでしまう。

 2.被写体が水平にならない

   「GR DIGITALⅢ」には水平インジケーターが付いていたが

    「XZ-1」は付いていないため、ファインダー使用時に水平

   の目安がない。

 3.ファインダーが邪魔になる

   手に持っている時はいいがバッグに入れる時、取り付けた

   ままでは邪魔になる。

 4.ホールド感が悪い

   レンズが重く、グリップが無いので重量バランスが悪い。

   一眼レフ的な持ち方を想定しているのだろう。

以上の不都合は慣れれば多少は解決できるだろう。

電子ビューファインダー (VF-2)は、カメラの背面ディスプレイをその

まま映し出すのでピントも確認でき、明るく老眼でも見やすくて良い。

画質は、難しいことは判らぬが非常に良いと思う。

私には「AUTO」モードだけで十分満足できる仕上がりだ。

P9090189

面白い機能として

最近テレビ番組でよく見かけるようになった「アートフィルター」が

オマケの機能として付いている。

この「アートフィルター」モードは、シーン毎に使い分けると効果的

な写真が撮れるだろうが、私には使いこなせないだろう。

P9090193

                      「ラフモノクローム」

P9090192

                        「トイフォト」

P9090191

                        「ジオラマ」

P9090190

                      「ドラマチックトーン」

P9090194

                      「ファンタジック」

P9090195

                      「ポップアート」

光学ズームの「XZ-1」と単焦点の「GR DIGITALⅢ」の比較は

難しいが、使用感だけで比較すると、サイズ、重さ、ホールド感

は「GR DIGITALⅢ」の方が優れていると思う。

それに、私の重視するマシンとしての感性も「GR DIGITALⅢ」

の方が心地良い。

私の結論は、ズーム不要なら「GR DIGITALⅢ」だろう。

 Photo : XZ-1

|

« OLYMPUS XZ-1を購入 | トップページ | 夏の終わりに(沼津) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566318/52687744

この記事へのトラックバック一覧です: XZ-1使ってみた(コンパクトデジカメ):

« OLYMPUS XZ-1を購入 | トップページ | 夏の終わりに(沼津) »