« 駅前商店街の衰退(沼津) | トップページ | 津波伝承のある寺院神社(沼津) »

津波と観音川(沼津)

沼津港を河口とする観音川という小河川がある。

今まで子持川だと思っていたが、河口から聖隷沼津病院辺り

までが観音川で、そこから子持川と草刈川に分かれるという。

安政元年(1854年)の安政東海地震では狩野川以東では

5~7mの津波が襲った。

狩野川以西では、津波が千本浜を越えたという記録はなかった

が、狩野川を遡った津波と観音川を遡った津波で子持川上流の

門間辺りまで浸水被害があったといわれている。

 3/20の日記→千本浜堤防の高さ(沼津市千本浜海岸)

現在この河口は、津波水門「びゅうお」の内側にあり

安政東海地震と同程度の津波なら大丈夫だろう。

640r0011278

この津波の痕跡を探してみたが見つけることは出来なかった。

ただ、明らかに周囲の地形とは異なっている場所がある。

千本緑町の観音長谷寺である。

640r0011323

長谷寺の地盤は3mほど高く盛り土されている。

推測だが、安政東海地震の津波か

それ以前の津波により、高く盛り土されたのかも知れない。

(長谷寺は安政東海地震で倒壊した)

 Photo : GR DIGITAL Ⅲ

|

« 駅前商店街の衰退(沼津) | トップページ | 津波伝承のある寺院神社(沼津) »

コメント

はじめまして。昔の記事に失礼いたします。
観音川の近くに3年ほど前から住んでいますが、名前を最近知りました。
こんな立派な名前があったのか・・・と思って調べていたら、こちらにたどり着きました。
他にも興味深い記事も多く、これからも楽しく拝見させていただきますのでよろしくお願いします。

投稿: H | 2016年6月13日 (月) 10時38分

御高覧ありがとうございます。

古い記憶を頼りに書いています。
何かの御参考になれば嬉しいです。
今後とも宜しくお願いします。

投稿: 小生 | 2016年6月25日 (土) 18時14分

4/24 写真クラブの互選会での 写真の会話
「場所は 何処ですか」「びゅうお の近く」
ということで 観音川と言ったら いや 子持川だ
・・・否定する自信がなかったです 
お陰様で ハッキリしました
ありがとうございました


投稿: | 2021年4月24日 (土) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 津波と観音川(沼津):

« 駅前商店街の衰退(沼津) | トップページ | 津波伝承のある寺院神社(沼津) »