« 長周期の揺れ(東北地方太平洋沖地震) | トップページ | 千本浜堤防の高さ(沼津市千本浜海岸) »

地震後、電波時計が正常に戻った(大地震と電波時計)

大地震と電波時計とは関係があるのだろうか。

昨年の11月頃から不受信状態が続いた電波時計が

3月11日の地震後(13日頃)正常に戻った。

平成21年の駿河湾地震の際も

今回ほどではなかったが1ヵ月程前から

不受信状態が継続し、地震後正常に戻った経験があったので

今回の不受信も、もしやと思っていた。

640r0011070

ネットで検索すると、同様の報告があるので

地震と電波時計には何らかの関係があるようだ。

想像だが、地震の前兆現象の何かが

電波時計が受信している標準電波を妨害しているのかも知れない。

640r0011071

通常我が家では、「おおたかどや山標準電波送信所」(福島県)の

標準電波を受信するので、画面右上に、正常受信の「波のマーク」と

その下に送信所の場所を表す「E」と表示されるのだが

地震発生までの不受信時は表示されなかった。

正常に戻った現在は、「おおたかどや山標準電波送信所」(福島県)が

地震の影響で停波しているので「はがね山標準電波送信所」(佐賀県)

の電波を受信し「W」と表示されている。

 【追記3/20】

 「おおたかどや山標準電波送信所」(福島県)が、3/12から停波中なので

 標準電波を受信できない地域がある。

Pic_denpatizu

                       シチズンHPより転載                   

 【電波時計】

 標準電波を受信して誤差を自動修正する機能を持つ時計のこと。

 標準電波の送信所は、「あおおたかどや山標準電波送信所」(福島県)と

 「はがね山標準電波送信所」(佐賀県)がある。

  日本標準時(JST)プロジェクト

|

« 長周期の揺れ(東北地方太平洋沖地震) | トップページ | 千本浜堤防の高さ(沼津市千本浜海岸) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566318/51160141

この記事へのトラックバック一覧です: 地震後、電波時計が正常に戻った(大地震と電波時計):

« 長周期の揺れ(東北地方太平洋沖地震) | トップページ | 千本浜堤防の高さ(沼津市千本浜海岸) »