« 千本浜堤防の高さ(沼津市千本浜海岸) | トップページ | 半年点検/4年(Alfa Brera Q4/Qt) »

我が家の緊急地震速報受信機

我が家には緊急地震速報受信機が2種類(2系統)ある。

気象庁の発信する緊急地震速報には

「一般向け緊急地震速報」と

【高度利用者向け緊急地震速報】の2種類ある。

我が家の受信機の一つは

「一般向け緊急地震速報」を受信するもので

FMラジオで流れる緊急地震速報の報知音に反応して

大音量で警報音が流れるものだ。

これは、テレビやラジオで流れる緊急地震速報と同じもので

震源付近での最大想定震度が5弱以上の場合で

震度4以上が想定される「地域」に流れるものだ。

この「FMラジオ放送報知音連動型」が鳴動する時は

居住地域が震度4以上と想定された時だけであるので

その鳴動確率はかなり低いが、鳴動すれば被害を受ける確率は高い。

640r0011085

                FMラジオ放送報知音連動型(EQA-101)

もう一つの受信機は

【高度利用者向け緊急地震速報】を受信するもので

インターネット経由でパソコンで受信するものだ。

これは、マグニチュード3.5以上または最大想定震度3以上の場合

警報音と揺れ到達までのカウントダウン音声とともに

震源地や最大震度、居住地での想定震度が画面表示されるものだ。

640r0011076

               (OCN緊急地震速報「なまずきんDesktop」)

「OCN緊急地震速報」は、パソコンを常時立ち上げておく必要があるが

 (古いパソコンを「なまずきんDesktop」専用機としている)

最大震度と、居住地(緯度経度と地盤係数で設定)での想定震度との

組み合わせなど細かな設定(震度1以上)ができるので利用価値は大きい。

我が家では就寝時の地震を考慮し

音声が大きい「FMラジオ放送報知音連動型」と

細かな設定ができる「OCN緊急地震速報」を組み合わせて利用している。

両機が同時に鳴動したことは一度ある

就寝時、「FMラジオ放送報知音連動型」の大音量で目が覚めた。

「OCN緊急地震速報」の画面で確認したら

幸い震度3だったので安堵した経験はある。

いずれも直下型の地震では、避難する時間はないが

布団を被る程度の身を守ることは出来るかも知れない。

現在、東日本大震災で使えなくなった地震計があるようで

地震の規模や震源地を誤るケースが多発している。

早くの復旧を望む。

   

【緊急地震速報】

緊急地震速報とは、地震の発生直後に、震源に近い地震計でとらえ

た観測データを解析して震源や地震の規模(マグニチュード)を直ち

に推定し、これに基づいて各地での主要動の到達時刻や震度を予

測し、可能な限り素早く知らせる地震動の予報及び警報のことです。

【一般向け緊急地震速報】

現在のところ「一般向け」速報では、地震波が2つ以上の地震観測

点で観測され、最大震度5弱以上と推定された場合に、地震の発生

時刻、震源の推定値、震央の地名、震度4以上と推定される地域名

を速報を行っている。

【高度利用者向け緊急地震速報】

「高度利用者向け」緊急地震速報は、気象庁の多機能型地震計の1

つ以上の観測点においてP波またはS波の振幅が100ガル以上となる

か、もしくは解析によりマグニチュード3.5以上または最大震度3以上

と推定される場合に、地震の発生時刻、震源の推定値の速報を行っ

ている。

|

« 千本浜堤防の高さ(沼津市千本浜海岸) | トップページ | 半年点検/4年(Alfa Brera Q4/Qt) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566318/51229633

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の緊急地震速報受信機:

« 千本浜堤防の高さ(沼津市千本浜海岸) | トップページ | 半年点検/4年(Alfa Brera Q4/Qt) »