« この子のかわいさ(沼津の子守唄) | トップページ | 要石神社(地震の神様) »

井上靖文学碑(千本浜公園)

千本浜公園の松林の中に井上靖文学碑があります。

井上靖は、少年時代から沼津中学(現、沼津東高)時代まで、

伊豆の湯ヶ島と沼津で過ごしたこともあり、私にとって最も身近な作家です。

若い頃には、殆どの小説を読み漁りました

中でも、伊豆や沼津の事が書かれた、

自伝的小説「しろばんば」や「あすなろ物語」「夏草冬濤」は

今でもたまに読み返しています。

Senbon01

640img_0201

640img_0198

「千個の海のかけらが千本の松の間に 挟まっていた 少年の日は 

 わたしは毎日それを 一つずつ食べて育った」

640img_0195

                              作品のリストが刻まれている。

  

|

« この子のかわいさ(沼津の子守唄) | トップページ | 要石神社(地震の神様) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 井上靖文学碑(千本浜公園):

» 北の海やしろばんば、感慨深いです [井上靖先生の作品を見て]
井上靖 作品 しろばんば 北の海 風林火山 蒼き狼 海峡 愛 [続きを読む]

受信: 2008年9月12日 (金) 00時28分

« この子のかわいさ(沼津の子守唄) | トップページ | 要石神社(地震の神様) »