« 親と健康とセロテープ | トップページ | 今年も「菜海苔(なのり)」が届きました。 »

ヤンマーラーメンとの再会

昔々「ヤンマーラーメン」という即席ラーメンがあった。

当時、世界初の即席麺「チキンラーメン」が発売されて暫くした頃で

おやつには時々「チキンラーメン」を食べていた。

ある日、大阪に単身赴任していた父親が「トンボラーメン」という

即席麺を土産に買ってきてくれた。

この「トンボラーメン」を食べたとき

こんな旨い食べ物が此の世にあったのかと子供心に驚いた記憶がある。

横長袋入りで二食入り、海老と椎茸の乾燥具が付いていた

この海老と椎茸の香りと味が強く印象に残っている

確か醤油味だったような記憶がある。

その後まもなく名前が変わったけど同じラーメンだよと、

袋のデザインが少し変わった「ヤンマーラーメン」を買ってきてくれた。

当時「チキンラーメン」は近所の店で買えたが、「ヤンマーラーメン」は置いてなく

父親が帰るまで食べることが出来ないので、「ヤンマーラーメン」は御馳走だった。

ある日、父親から「ヤンマーラーメン」はもう無い(製造していない)と教えられ

がっかりした。

それ以来「ヤンマーラーメン」は無いものだと思い込んでいた。

日頃、もう一度「ヤンマーラーメン」を食べてみたいと思っていたが

最近、何気にネットで「ヤンマーラーメン」の文字を見つけ

「チャンポンめん」と名を変え製造されているのを知った。

製造元の「イトメン」のHPを見たら、

確かに「トンボラーメン」を作っていた記載がある。

が、「ヤンマーラーメン」の記載が無い。

あちこち調べてみるとネーミングでトラブルがあったようだ。

そういえば「イトメン」のHPに名前は記載されていないが

「トンボラーメン発売」の翌年に「中華麺(2食入)発売」とある

たぶんこれが「ヤンマーラーメン」だろう。

早速「チャンポンめん」を買って食べてみた。

640img_0333

スープの色は違うような気がするが、味と香りは確かに

あの「ヤンマーラーメン」だ。

懐かしい海老と椎茸の味と香りに思わずジーンときた。

確か昔は、海老と椎茸はもっと大きくて

(海老と椎茸の)味と香りももっと強かった思った。

640img_0335_2

食べられる事が判ると欲がでるものだ。

昔の味と香りと横長の袋で

もう一度作って頂けないでしょうか「イトメン」さん。

---------------------------------------

Y

|

« 親と健康とセロテープ | トップページ | 今年も「菜海苔(なのり)」が届きました。 »

コメント

ヤンマーラーメンで検索をして読ませていただきました。

54歳の主人が突然、ヤンマーラーメンが食べたいと言い出しました。

私は見たことも聞いたこともの無いので・・・
「そんな物は無いよ」って答えたんですけど。

あったんですね~~
ビックリしました。
ちゃんぽんめんを買って食べてみます。

ありがとうございました。

投稿: さくらママ | 2012年11月28日 (水) 21時32分

昭和30年代、トンボラーメン、本当においしかったです。当時、チキンラーメンのほかに、確か松永のトノサマラーメンもあったように思います(愛知県だけかも)。トンボラーメンは、確かに、いつからか、ヤンマーラーメンと名前が変わりました。スープが、確か「粉末」ではなく、水に溶けるモナカに入っていたように記憶しています。えび、しいたけの乾燥したのが入っていて、本当においしかった。それが、「イトメンのチャンポン麺」のルーツだということを、去年知りました。横長の袋入り、2食入り、でしたね。

投稿: ハワイのけんちゃん | 2013年6月28日 (金) 19時05分

ヤンマーラーメンは愛知県以西(九州を除く)のみで

販売されていたようですね。

今思えば、椎茸とエビの癖のある味と香りでしたが

美味しいラーメンでした。

投稿: 小生 | 2013年6月30日 (日) 17時22分

ヤンマーラーメン(イトメン)をこよなく愛して止まない
一人です。

私は54歳で姫路出身で、イトメンの工場の前の道も
良く通っていました。

うちの父親が添加物嫌いだったのですが、他のラーメンは
だめだけどヤンマーラーメンなら許すと、箱買いして家に
常備されていました。

成人して地元を離れてますが、恋しくなると送ってもらってます。

最近のお気に入りは、ごぼう味噌仕立ラーメンです。

こんな味他には無いですね。

投稿: ひで | 2013年7月 3日 (水) 10時19分

今から50年近く前、大学生協で出遭った最高に旨いと思った即席麺がこれでした。中身おなじでも、袋のデザインが変わり、‘鬼ヤンマラーメン’、‘ミルンヤンマラーメン’というのもありました。本当です。ミルンヤンマなんちゅう蜻蛉、普通の人は知らないですよね・・。空袋をファイルに保管しておいたのですが、今どこかに紛れて見つかりません。
“ほんまにそうやったんやろか?思い違いではないか・・?”、と思い返しております。どなたか覚えていらっしゃいますか。

投稿: 春日瑠璃 | 2013年8月 8日 (木) 19時26分

私が小学生の頃

大阪に単身赴任していた父親が帰省時に

買ってきてくれた「トンボラーメン」と

「ヤンマーラーメン」しか記憶にありません。

「鬼ヤンマラーメン」「ミルンヤンマラーメン」は

始めて聞く名前です。

  
新しい情報を有難うございました。

投稿: 小生 | 2013年8月 8日 (木) 21時48分

8月8日記事に補足いたします。
1965・6年頃、京都における状況です。

投稿: 春日瑠璃 | 2013年8月 9日 (金) 05時34分

「イトメン」のHPを見ましたが

「鬼ヤンマラーメン」「ミルンヤンマラーメン」は

記載されていません。

当時類似の製品が多種ありましたから

他社から発売されていたのかも知れませんね。

御役に立てなくて済みません。

投稿: 小生 | 2013年8月 9日 (金) 14時37分

おっしゃるとおり、他社かもしれませんね・・。
当時ぼくらは蜻蛉を材料に調査しており、冗談に、ぼくらのスポンサー・パトロンになって貰おうと袋を見たところ、たしか兵庫県の会社でした。もっとも、その際には、ぼくは三木露風との関連の着想は思い浮かばなかったですけれども。
いずれにせよ、空き袋、家のどこかにあるはずですから、出てくるのが楽しみです。
お騒がせして、失礼いたしました。

投稿: 春日瑠璃 | 2013年8月 9日 (金) 17時06分

当方55才男性です。皆さんのご記憶にもあるように当方も、福井の片田舎で過ごした時、ご馳走としてヤンマーラーメンがありました。味はすごくシンプルで、さっぱりしていて子供ながらに大変美味しかったと記憶があります。時々スーパーに買い物に行くと無いと分かってはいるのですが、もしかしたらと思い、ラーメンコーナーをのぞいています。今回もふと思い出し、検索したらこのコーナーがあったので、投稿しました。
福井55才のおっさんより。

投稿: | 2013年8月13日 (火) 16時49分

生まれてからずっと愛知県民です。最近56歳になりました。幼い頃、時々ヤンマーラーメンを母が作ってくれました。椎茸と小エビの入った粉末スープの味が忘れられません。あの頃はラーメンといってもそんなに種類が無かったので、ある意味幸せだったのかもと思います。

投稿: なつかしこ | 2013年8月13日 (火) 17時05分

イトメン相談室に問い合わせ、早速の回答をいただきましたので、報告しておきます。以下、“ ”内がその回答の一部です。

“鬼ヤンマ、ミルンヤンマラーメンは当社が発売した即席中華めんですが、何分当時の資料がなく、詳しくお答えすることができなくて申し訳ございません。
昭和33年には,中華めん(ノンフライ)2食入りにスープとかやくを添付した「トンボラーメン」という商品を発売しております。
そしてキャラクターとして鬼ヤンマ、ミルンヤンマというトンボの名称を使用したものです。”

ぼくどこかに保存したパッケージ袋、ぜひ探さなくっちゃ・・。

投稿: 春日瑠璃 | 2013年8月13日 (火) 20時00分

販売地域は中部地方が境と聞いたことがあります。
静岡県(沼津)では販売されていませんでしたから
愛知~福井以西(九州を除く)が販売地域だったのでしょうね。

「鬼ヤンマラーメン」「ミルンヤンマラーメン」は
ネットで検索してもトンボの種類しか出てきません
実在したとは新しい発見です。
凄い情報有難うございました。

現在の「チャンポンめん」は味が調整され
当時の海老と椎茸のストレートな味と
鼻に抜けるような香りが
消えてしまったのが残念です。
当時の味で再販されるのを熱望しています。

投稿: 小生 | 2013年8月14日 (水) 09時50分

 岐阜出身のS33年生まれです。幼稚園から小学校低学年の頃、ヤンマーラーメン食べました。今日このページを見て驚きました。食べてみたいですね。

投稿: | 2013年8月27日 (火) 00時18分

皆様のコメントに感動しました54歳の私も懐かしい話です、贅沢品であまり食べさせてもらえなかった記憶はありますが
おぼろげにパッケージが白っぽい記憶があります。
しかも長細い2人前が繋がって鍋に入りにくい作りであったような......
間違った記憶かもしれませんが?

パッケージは白い感じはなかったでしょうか?・
教えてください黄色が記憶から出てきません。
チャンポン麺は美味しいですが少し違うような感もあります

投稿: 54年生 | 2014年1月 6日 (月) 20時51分

確かに、横長のパッケージで2食入りで麺が繋がっていました。調理するとき切れ目で半分に割り一食ずつ切り離していたと記憶しています。チャンポン麺はかなり味が調整されていています、エビと椎茸の鼻に抜ける強い香りが少しでも残っていれば良かったと思います。

パッケージは他の方のHPよりお借りした写真を掲載しておきますのでご覧ください。

投稿: 小生 | 2014年1月 6日 (月) 22時47分

私は、農協の購買部で買っていたように記憶しております。そんなわたくしも54歳です。親近感を思わずにはいられません。

投稿: 杏 | 2014年8月18日 (月) 15時58分

御成橋研究家の仙石規です。小生も子供の頃、「ヤンマーラーメン」を食べた記憶があり、沼津でも販売していた店があった筈です。2003年学習研究社発行の「即席ラーメンの本」80ページに、「ヤンマーラーメン」に関する記述がありましたので、報告させて頂きます。キャラクターの「糸とんぼ」の顔と海老・椎茸味の出汁が、子供時代の強烈な思い出として残っております。

投稿: 仙石規 | 2014年8月29日 (金) 08時32分

仙石様
お久し振りです。
「ヤンマーラーメン」は愛知県から西が販売地域だった
ようですので沼津での販売は意外でした。
 
ただ、不確かな情報ですが
当時、沼津駅に国鉄職員向けのスーパーマーケットの
ような店があり、一般の店では売っていない全国の
人気商品が販売されていたという話を聞いたことが
あります。
もしかしたら、その店で販売されていたのではない
でしょうか。
ありがとう御座いました。

投稿: 小生 | 2014年8月30日 (土) 21時51分

私もヤンマーラーメンで検索して参りました。

実は私はヤンマーラーメンって食べた事がありません。
ただ、今から30年ほど前、通っていた予備校の人気講師が良く語っていました。
「みんなは知らないと思うが、昔ヤンマーラーメンというのがあって、それは美味しかった。」と。

面白くてわかりやすい尊敬していた講師でしたので、今でも忘れかねています。

話のタネにちゃんぽん注文してみます。

投稿: akka | 2014年10月 6日 (月) 11時56分

50年以上前に食べた食べ物など
誰も覚えてはいませんがヤンマーラーメンは
それだけ衝撃的な食べ物だったのでしょうね。
昭和30年代食べた私達にとっては
忘れられないラーメンでした。

投稿: 小生 | 2014年10月12日 (日) 09時45分

私も作って鍋に顔を突っ込んで食べた記憶があります。「かやく」と書いた小袋に椎茸などが入っていて眉間に抜けるような独特な風味が忘れられません。確かたばこのピースと同じ40円だったと記憶しています。
数年前にチャンポン麺をたまたま食べたときこの風味が当時の記憶が蘇り、メーカーに電話をして「ヤンマーラーメンありませんか」と尋ねてみたのですが「商品にはありません」とのことで残念な思いをしたことがあります。

当時の味で復刻版ができれば私も是非とも入手したいです。

投稿: ロイ | 2015年2月11日 (水) 13時29分

石川県生まれの64歳ですが、能登半島でも売ってましたよ。
シイタケの具材が入ってた事までは覚えてませんが、確かに横長でしたね。
懐かしい、食べてみたいです。

投稿: 灰庭英樹 | 2015年4月27日 (月) 12時08分

皆さん同様、ヤンマーラーメンで検索してたどり着きました。
イトメンの情報を調べると、九州を除く、ってすぐ出てくるんですけど、鹿児島に出張所があったり、S30年代から取り扱っているチェーン店があったりするので、宮崎育ちの自分も食べています。

投稿: 名前のない虎 | 2015年7月10日 (金) 17時58分

「名前のない虎」様
九州では販売されていなかったと
思い込んでいましたが
販売されていたんですね。

今のラーメンと比べれば
かなり大雑把な味と香りでしたが
だからこそ印象に残っているのかもしれませんね。
あの椎茸とエビの癖のある味と香りが忘れられません。

ありがとうございました。

投稿: 小生 | 2015年7月11日 (土) 17時44分

facebookのイトメンさんの所にも15年ほど以前から何度も投稿しました!
あの当時すべての面で画期的でした「ヤンマーラーメン」他にはなかったノンフライ麺、エビやしいたけなどのかやく、そして強烈に印象深くおいしかった練り固形スープ!すばらしいラーメンでした。
もう一度復刻を!と何度もお願いしているのですがかなわれません。
僕ひとりじゃ無理のようです。
みなさんもヤンマーラーメンの復刻を!と協力してください!お願いしますm(__)m

投稿: 堀田さすけ | 2016年3月 7日 (月) 16時29分

GWなのに特別やることがないためショッピング。東京の近隣スーパにはないため、チャンポンメンをイトメンWEBにて注文しました。ヤンマーラーメンは能登の米屋さん兼、薬局&食品屋さんに売ってました。薄い長方形の乾麺×2が一袋に入ってました。記憶違いかもしれませんが、薄紅色と薄緑色の「お麩」も具として入っていたような気がします。何方か「お麩」の記憶ありませんか?

投稿: tamitami | 2016年5月 3日 (火) 19時19分

 昔、ヤンマーラーメンというインスタントラーメンがあった。おいしかった。タンパク質が足らないよ、というコマーシャルまであった食べ物が少ない時代、貴重なものでした。
 今は、ヤンマーラーメンという会社がなく、イトメンで売られているのですね。買ってみます。ありがという。
2016.07.27
京都府

投稿: 元気者 | 2016年7月27日 (水) 21時42分

何年越しの謎が解けました。
今の「イトメンのチャンポンメン」が、確か昔は、「ヤンマーのチャンポンメン」だったと、ずっと思っていました。
あのキャラも「鬼ヤンマ」だと思っていました。
小学生の頃、エビが入っているというだけで、高級品というイメージがありました。
今でも、よく買って食べます。

投稿: まつ | 2016年9月 4日 (日) 20時01分

昨年7月で60歳の定年退職しました。
最近 暇なので時々昔の事を思い出します。
今日も、昼 即席ラーメンを自分で作っておりましたら
突然 ヤンマーラーメンの事を思い出しました。
昔食べたよなあ。選択肢の少なかった昭和30年代で
幼いながら強烈にうまいと今でも覚えております
インターネットでヤンマーラーメンと検索しましたら
このページにたどり着けました。便利な時代になりましたね。
皆さんのコメントをお読みし懐かしく感じました。

投稿: 正人 | 2016年11月12日 (土) 11時36分

神戸生まれの母が言っていたヤンマーラーメンが何者かやっとわかりました。また、あの丸い目のキャラクターがトンボだったとは。
確かに小エビの袋を開けたときの小さなワクワク感は開発された方の期待通りと思います。イトメンの麺類は何か昔懐かしい味が落ち着くからか、わが家の夜食用の常備品です、
すてきな情報ありがとうございました

投稿: みつさん | 2018年12月15日 (土) 12時46分

コメント有り難うございます。
私の少年の頃の思い出のラーメンです。
「ヤンマーラーメン」は
エビと椎茸の雑な味が特徴でした。
「チャンポンめん」は
現代風な味に整えられていますが
微かに残る昔の味を懐かしんでいます。

投稿: 小生 | 2018年12月15日 (土) 19時03分

多分昭和40年代前半、当時幼児だった私に今は亡き兄や家族が、日清製品と比べて味が劣るとして馬鹿にしていた記憶があり、悪いイメージからスタートするヤンマーラーメンの思い出ですが、今イトメンのチャンポンめん食べる限りナイスな昔懐かし風のラーメンで、明らかに旨いです。
実際チャンポンめんを食べながらヤンマーラーメンで検索してこちらに来ました。
良く日清が復刻パッケージ商品販売としてますが、ヤンマーラーメンの完全再現販売やってほしいです。
ヤンマーディーゼルが文句言うなら大人の対応しろって怒りたいです。笑
50代以上の多くの人が、即買いしませんかね?

投稿: | 2019年1月 2日 (水) 23時11分

コメント有り難うございます。
「ヤンマーラーメン」は
私の小学生の頃(昭和30年代)出会った衝撃的な食べ物でした。
日清の「チキンラーメン」は
お湯を掛けるだけという高級品で美味しかったと記憶しています。
今の「チキンラーメン」も当時とは懸け離れた味に進化してしまいましたね。復刻版といってもパッケージだけで麺は現代の味です。
「ヤンマーラーメン」も、おそらく当時の味は現代の製法では再現できないのではないでしょうか

投稿: 小生 | 2019年1月 6日 (日) 16時30分

私は愛知県に住んでいますが、ヤンマーラーメンは50年以上前に小学生の時初めて食べました。
皆さんが投稿しているように麺はノンフライ、細長で2食入りおまけに当時としては(今でも?)珍しい乾燥シイタケ、エビ、麩が具としてセットされておりスープも半練り状態の変わったインスタントラーメンでしたが味は今でも鮮明に覚えています。当時は普通の食品屋では売ってなくて私は米屋で買っていました。いつの間にか無くなってしまいましたが、20年位前シイタケ、エビ入りのチャンポンメンを見つけて食べてみたところ何となく風味がヤンマーラーメンに近い感じがしてそれ以来我が家のインスタントラーメンはチャンポンメンをストックしています。しかし、ヤンマーラーメンは独特の味でしたね。

投稿: ポンちゃん | 2019年2月 4日 (月) 23時23分

私は三重県に住んでいます。子供の頃(昭和47年)チキンラーメンやとのさまラーメンが主流のころ、近くの米屋のガラスケースにヤンマーラーメンが並べられ販売されていたのを覚えています。販売ルートがお米店だったのか普通のスーパーには無く、このお店でしか見たことがありませんでした。その為かヤンマーラーメンが家の食卓に並ぶ事はなく、残念な事に食べた経験はありません。当時は他社のラーメーンパッケージからすると時代遅れの感がありましたが、独特のトンボのパッケージとネーミングから受ける印象が強く、好奇心と憧れのラーメンでした。その販売時期も小学低学年の2~3年間ぐらいで、後は見かけなくなりました。自分だけの思い出のミャンマーラーメンについて話せる場があった事をうれしく思います。

投稿: 小林 | 2019年2月16日 (土) 21時37分

私は大阪市阿倍野区に住んでいましたが、昭和40年当時、兵庫県飾磨郡の田舎に行くと、おばちゃんがいつも野菜嫌いの私のために作ってくれました。

この世にこんな美味しいラーメンがあるのかと、田舎に行く楽しみは、ヤンマーラーメンを食べれるということに変わってたと思います。

当時の大阪にもありませんでしたし、田舎でしか食べてません。
それも小学二年生くらいまでの記憶しかありません。

ヤンマーラーメンをわかってくれるみなさんに出会えて感動です(笑)
イトメンのチャンポンめん、捜していただきましたが、違いますね〜

私も還暦。死ぬまでに作って欲しいです!!

投稿: たね | 2019年10月 3日 (木) 11時29分

私は1965年名古屋市に就職したころ寮で食べた記憶があります。当時は「とのさまラーメン」と「ヤンマーラーメン」とがあり、お金があるときのみヤンマーラーメンでした・・・・・懐かしい販売してるなら教えてください。

投稿: ラーメンじじー | 2020年1月11日 (土) 23時06分

10代後半の頃の忘れられない懐かしい食べ物です。職場の先輩がお昼になると小鍋で私の分も含めて二つ作ってくれていました。昭和36、37年頃の岐阜の職場にいたころのことです。その先輩も数年前になくなりました。その方のことを思い出すたびにあの美味しかったヤンマーラーメンが浮かんできます。もう一度、あの懐かしいラーメンを食べたいものです。

投稿: 七十路のおじさん | 2020年1月29日 (水) 22時04分

ずっとモヤモヤしていたことが解決しました!
そうです!ヤンマーラーメンです!
横長の袋でした。袋の色もちゃんと覚えてました。エビと椎茸の香りが強烈に印象に残ってました。 なのに名前が出てこない~!!  誰に尋ねてもそのラーメンを知らないと言われ続けて。。  こんなに多くの方達と同じ味の共感ができるなんてうれしいです。 

当時私は 幼稚園から小学校低学年位だったでしょうか。
名古屋市に住んでいました。 近くの市場の中にあるおうどん屋さんに置いてありました。

ヤンマーラーメンのエビの風味が忘れらず、いまだにどのインスタントラーメンにも干しエビを入れて食べてしまいます。

投稿: 北さん | 2020年8月 7日 (金) 00時16分

子供の頃に、チキンラーメンと並んで、ヤンマーラーメンを食べていた一人です。いつのまにか、近所のスーパーの店頭からヤンマーラーメンが消えて、代わりにチャンポンメンが並ぶようになっていました。過渡期には、併売されていた気もします。何れもエビと椎茸入りで味がよく似ていたけど、微妙に違っていたような。言われてみれば、麩の有無も違っていたかもしれない。流石に、スープが粉末か否かや麺の製法は、興味もなかったので、全く記憶にありません。
 
現在、HPには、トンボラーメン(私の記憶には無い)、ヤンマーラーメンも、パッケージの写真付きで掲載されています。
---以下、コピペ---
1958年(昭和33年)即席中華麺(トンボラーメン)発売
1959年(昭和34年)即席スープ製造開始 スープ、かやく付中華麺(2食入)発売
1958年(昭和34年)ヤンマーラーメン発売
1963年(昭和38年)油揚げめん チャンポンめん発売

投稿: 元姫路市民 | 2020年10月19日 (月) 21時28分

1957愛知県名古屋市西区生まれです。円頓寺界隈に住み、ヤンマーラーメンや山パン、らっかーせいぱんを主食の幼児時代でした。初めて八百屋さんの店頭にインスタントラーメンのヤンマーラーメントンボマークを手にして、親にこんなんあったよと自慢した記憶があります。イトメンさん、ぜひ復刻版お願いします。

投稿: インスタント太郎 | 2021年2月 3日 (水) 21時16分

ヤンマーラーメンでたどり着きました。昭和36年生まれの小生です。かって亡父に連れられて小牧空港見学の帰りに松永製菓の売店(今はなき小牧国際ボウルが建築される以前、国道沿いにありました)に立ち寄り、ヤンマーラーメンを買っていた記憶があります。当時ラーメンといえばヤンマーラーメンしか知りませんでした。以来大人になって探しましたがもうなく諦めていました。ひさびさに小牧市へ行く途中、ボウリング場も売店も跡形もなくなっていたので当時のヤンマーラーメンを思い出しました。いとめんの「チャンポンめん」食べます!

投稿: いちのみやっ子 | 2021年5月15日 (土) 01時29分

当方昭和33年3月の鈴鹿市生まれです。
子供の頃近所の八百屋にヤンマーラーメンととのさまラーメンが売っていました。(何故かチキンラーメンは売って無かった)
ヤンマーラーメンのほうが美味かった。花麩が良いね。
とのさまラーメンは袋に入ったまま手で砕いて細かくしてベビースターラーメンの様におやつとして食べていた。懐かし~!

投稿: 佐野周二 | 2021年9月16日 (木) 05時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤンマーラーメンとの再会:

« 親と健康とセロテープ | トップページ | 今年も「菜海苔(なのり)」が届きました。 »